東京都品川区 品川宿跡

品川宿東海道の第一宿で、
江戸を出発して品川宿に宿泊するなんて、
そんな旅人は殆ど居ないでしょうから、
入ってくる方がメインだったと思われます。
ですが品川宿が賑わっていたのは、
江戸に入る前の最後の宿泊地としてではなく、
単純に「岡場所」のひとつとして、
江戸の人々に利用されていたからでした。
宿場には飯盛女を置く事が許されていた為、
これを目当てにやって来る江戸っ子が多く、
本来の宿場は旅人の為にあるはずですが、
江戸の男達の遊び場となっていた様です。


品川宿「東海道分間絵図」より
現在は埋め立てられていますが、
品川宿は本来は海岸線沿いにありました。


現在も商店街として今も賑わっています。
東京で賑わってないところの方が少ないか?
北品川より品川宿本陣跡まで歩きました。


問答河岸跡」。
3代将軍徳川家光が「東海寺」に入る際、
住職沢庵和尚がここの河岸で出迎えましたが、
家光は沢庵に、
海近くして東(遠)海寺とはこれ如何に?
と問い、沢庵は、
大軍を率いても将(小)軍と言うが如し
と答えたという。
そういうトンチ話が名前の由来です。


土蔵相模跡」。
旅籠屋「相模屋」があった場所。
土蔵相模は相模屋の通称で、
なまこ塀の土蔵造だったことから、
そのように呼ばれていたという。

品川宿近くの御殿山英国公使館が建設され、
その完成間近の文久2年12月12日夜、
高杉晋作ら長州藩士らは、
この土蔵相模より御殿山に忍び込み、
建設中の公使館に放火しています。
また意外と知られていないのは、
桜田門外の変の際に水戸藩士17名が、
ここで訣別の宴を催した事。


残念ながら当時の遺構などは皆無で、
現在は木製の立札が建てられているのみです。
もちろんそんなことは知っていましたが、
やっぱり一度は行ってみないとね。


品川宿」碑。
品海公園という長細い公園にあります。
品川宿は色町として賑わっていたので、
宿駅制廃止後も衰退しませんでしたが、
後に売春禁止法施行で遊郭は姿を消します。
他の遊郭は建物が残されていたりするのですが、
品川は立地的な条件から残っていませんね。


品川宿本陣跡」。
宿場は徒歩新宿北品川宿南品川宿と分かれ、
徒歩新宿、南品川宿には脇本陣が置かれ、
本陣を務めたのは北品川宿の「鶴岡家」でした。
本来の街道はもっと海側にあったのか、
長い通路のようになっていて、
その先が「本陣鶴岡家」だったようです。


品川宿本陣跡」碑。
大変なにぎわいだった品川宿ですが、
本陣の経営状況は良くはなかったらしい。
小大名は経費削減の為に脇本陣に泊まるし、
大大名も休憩にしか使わなかったり、
そのまま通り過ぎたりしていました。


聖蹟公園
本陣跡は公園として整備されています。
聖蹟公園の名前から察せるとおり、
明治天皇の立ち寄った場所で、
東幸の際に品川宿本陣で休憩しました。
意外と多くの子供達が元気に遊んでいました。


記念碑など建ち並んでいましたが、
聖蹟公園由来の碑聖徳の碑御聖蹟の碑等、
興味を引くようなものが無かったので割愛。


歌川広重 東海道五十三次 品川」。
今回は北品川宿を歩いてみたのですが、
南品川宿にも新選組が泊まった釜屋があったり、
また北品川にも板垣退助井上勝の墓所など、
訪問してみたい場所はまだまだあります。
また出張で品川に寄る機会はあるでしょうから、
コツコツと巡ってみたいと思っています。

■関連記事■
神奈川県横浜市 料亭「富貴楼」跡
 維新の元勲達が通った料亭跡。
東京都千代田区 南町奉行所跡
 北町奉行所と共に町方を支配した奉行所跡。
東京都千代田区 靖国神社
 国に殉じた英霊を祀る靖国神社。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。