■東海道の宿場町


東海道
京から太平洋に沿いに江戸に至る街道。
律令体制の頃より畿内へ至る道で、
江戸時代に整備された五街道のひとつ。

起点:日本橋
1品川宿
2川崎宿
 道中:生麦村(生麦事件の現場)
3神奈川宿
4保土ヶ谷宿-
 道中:国境(↑武蔵国/相模国↓)
5戸塚宿-
6藤沢宿(遊行寺門前)-
7平塚宿-
8大磯宿-
9小田原宿-
10箱根宿(箱根関所)-
 道中:国境(↑相模国/伊豆国↓)
11三島宿(三嶋大社門前)-
 道中:国境(↑伊豆国/遠江国↓)
12沼津宿-
13原宿-
14吉原宿-
15蒲原宿-
16由比宿-
17興津宿-
18江尻宿-
19府中宿-
 道中:安部川
20鞠子宿-
21岡部宿-
22藤枝宿-
23島田宿-
 道中:大井川(国境(↑駿河国/遠江国↓))
24金谷宿-
 道中:小夜の中山
25日坂宿-
26掛川宿-
27袋井宿-
28見附宿-
 道中:天竜川
29浜松宿(姫街道(下記)に分岐)-
30舞阪宿-
31新居宿(新居関所)-
32白須賀宿-
 道中:国境(↑遠江国/三河国↓)
33二川宿-
34吉田宿
35御油宿(姫街道(下記)に分岐)-
36赤坂宿
37藤川宿-
38岡崎宿-
39池鯉鮒宿-
 道中:境川(国境(↑三河国/尾張国↓))
40鳴海宿-
41宮宿(熱田宮門前/佐屋往還(下記)に分岐)-
 ※七里渡し42桑名宿へ。
  十里渡し43四日市宿へ。
 ※※国境(↑尾張国/伊勢国↓))
42桑名宿(佐屋往還(下記)に分岐)-
 道中:富田立場(桑名(富田)の焼蛤)
43四日市宿(十里渡しで41宮宿へ)-
 道中:日永追分(伊勢街道に分岐)-
44石薬師宿(石薬師門前)-
45庄野宿
46亀山宿
47関宿(伊勢別街道に分岐)-
48坂下宿-
 道中:鈴鹿峠(国境(↑伊勢国/近江国↓))
49土山宿-
50水口宿-
51石部宿-
52草津宿(中山道に分岐)-
 道中:建部大社
 道中:瀬田唐橋
53大津宿
 道中:髭茶屋追分(国境(↑近江国/山城国↓))
    (伏見(大津)街道に分岐)
終点:三条大橋

姫街道
※東海道の脇街道。本坂通ともいう。
 新居関所の出女取調が厳しかった為、
 婦女子がこれを避けて通ったとされる。

起点:29浜松宿(東海道に接続)
気賀宿-
三ヶ日宿-
嵩山宿-
終点:35御油宿(東海道に接続)

■佐屋往還
※東海道の脇街道。佐屋街道、佐屋路とも。
 宮宿ー桑名宿間の陸路にあたり、

 七里の渡しの欠航や船酔いを嫌う旅人が、
 この道を行き交い賑わっていたという。

起点:41宮宿(七里の渡し桑名宿へ)
岩塚宿-
万場宿-
神守宿-
佐屋宿-
終点:42桑名宿(七里の渡しで宮宿へ)

——————————————
■五街道の宿場町
 ■東海道の宿場町
 中山道の宿場町
 奥州街道の宿場町
 日光街道の宿場町
 甲州街道の宿場町
——————————————
戻る