愛知県岡崎市 源空寺(岡崎藩主本多忠考墓所)

岡崎藩本多平八郎宗家の歴代墓所は、
かつての所領であった姫路圓教寺や、
浅草にあった誓願寺など岡崎にはありませんが、
4代本多忠考の墓のみが市内源空寺にあります。


源空寺」。
平安時代中期に天台宗恵心庵として創建。
開山は恵心僧都とされており、
平安末期には法然上人が滞在。
江戸時代初期に本多豊後守家が岡崎に入ると、
初代本多康重の菩提所とされました。
※本多平八郎家とは別の系譜。
本堂は岡崎空襲で焼失しており、
現在の本堂はその後再建にされたもの。

源空寺墓地は道路を挟んだ西側。
かつての寺域は宅地化されているようです。

勝運院殿従五位天譽晴空壽僊大居士」。
岡崎藩4代藩主本多忠考の墓。
3代本多忠顕の四男として生まれ、
父忠顕の隠居に伴い家督を相続しました。
先代の父忠顕は遊興にふけり藩政を顧みず、
財政は困窮を極めていたようでしたが、
忠考は病弱で藩政を執れなかったという。
この為に文政11年(1828)の矢作川洪水では、
甚大な被害を被るも有効な対策が打てず、
更に財政を圧迫していったようです。
後に忠考は高松藩から本多忠民を婿養子に迎え、
天保6年に隠居していますが、
その後は明治12年まで生存しており、
隠居後に44年も生きています。
また多くの子も残しているようですので、
とても病弱であったとは思えません。
藩主在任中も何らかの理由で実権を奪われ、
藩政に関われなかったのではないでしょうか?

■関連記事■
三重県桑名市  浄土寺(岡崎藩家祖本多忠勝本廟)
 家祖本多忠勝の墓所。
愛知県岡崎市 岡崎城
 岡崎藩本多平八郎宗家の居城跡。