「陽だまりの樹」手塚治虫

高校生の時に集めたマンガ「陽だまりの樹」。
実家の奥から引っ張り出しました。
当時は幕末史にそれ程興味がなかったのですが、
同じく手塚治虫の「アドルフの告ぐ」に感動し、
手塚の漫画を集めた記憶があります。


この「陽だまりの樹」の主人公は二人。
伊武谷万二郎手塚良仙良庵)。
ちなみに手塚良仙は手塚治虫の曽祖父。
伊武谷万二郎は直情径行型の性格で、
世渡りが下手だが剣は強い。
幕府の立て直しを志しつつ、
倒れ行く幕府に忠誠を尽くす。
手塚良仙は女にだらしなく、
色街にばかり出入りしているが、
患者の治療となると本気を出す人物。
この二人は、恋敵として、ケンカ相手として、
友人となって動乱の幕末を、
苦悩しながら生きていきます。


この二人に関わるのは実在の人物達
伊武谷万二郎は、山岡鉄舟清河八郎
藤田東湖阿部正弘橋本左内
勝海舟西郷隆盛坂本龍馬
タウンゼント・ハリス
ヘンリー・ヒュースケンなどなど。
手塚良仙も、緒方洪庵福澤諭吉大鳥圭介
伊東玄朴大村益次郎などと関わります。

伊武谷万二郎は実在の人物達から一目置かれ、
攘夷を誘われたり要職に任命されたりしますが、
最終的に幕府と運命を共にする為、
上野の彰義隊に身を投じます。

手塚良仙は父と共に種痘所の設立に尽力し、
思い悩んだ末に軍医の道を進みます。

久々に読みましたが感動の作品。
これが1980年代の作品です。流石は手塚治虫。
新撰組や龍馬、西郷をほんのチョイ役にして、
幕末モノでこれだけの大作の書けるのは、
巨匠たる所以でしょうか?
少なくとも先祖を自慢する話ではありません。

■関連記事■
大阪府大阪市 適塾と除痘館
 実際に手塚良仙は適塾の塾生でした。
「兵馬の旗」かわぐちかいじ
 かわぐちかいじが描く戊辰戦争。
「二本松少年隊物語 霞の天地」東雲さくら×まきお
 二本松少年隊の悲劇を描いた漫画。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。