大阪府大阪市 適塾と除痘館

いとこに子供が生まれたということで、
大阪に会いに行きました。
まだ首も据わっていない小さな赤ちゃん。
みよちゃんもこんなときがあったな~。
男の子だったんですが、
足の太さは今のみよちゃんと同じ太さでした。
たくましくなるだろうなぁ~。

さて、せっかく大阪に来たんだから、
適塾くらいは訪問したいなと思い、
みよちゃんを連れて行ってきました。
大阪に長い事住んでいたのに、
一度も適塾には行った事がありませんでした。
昔住んでた所から自転車で行ける距離だったのにね。


適塾」。
蘭学者緒方洪庵が開いた私塾で、適々塾とも呼ばれます。
塾名の由来は、緒方洪庵の号「適々斎」から。

この塾からは多くの人材が輩出されており、
その面々は蒼々たる顔ぶれ。
橋本左内大鳥圭介大村益次郎久坂玄機
高松凌雲武田斐三郎福沢諭吉・・・。


適塾は現在、大阪大学が管理しており、
拝観できるようになっています。


この適塾の階段ですが、非常に角度があります。
ほとんどハシゴに近い・・。
これを登らないと2階に行けません。


奥の部屋が「ゾーフ部屋」。
蘭和辞書ゾーフ辞書が置かれていた部屋で、
当時、ゾーフ辞書は非常に貴重なもので、
適塾にも1冊しかありませんでした。
その為、塾生達はゾーフ辞書を奪い合うように、
必死に勉強したとの事です。


塾生大部屋」。
塾生達はここで寝泊りしていたそうで、
塾の成績順で好きな場所が選べたようです。
大村も大鳥も高橋も福沢も、
ここで寝泊りしていたのでしょう。


大部屋中央の柱」。
刀傷が無数にあり、塾生達が付けたものという。
面白いのかこの柱以外には、全く刀傷が無い事。
塾生達の暗黙の了解があったのか?
それとも洪庵がこの柱だけ許したのか?


適塾横の広場には「緒方洪庵」の銅像があります。
洪庵は蘭学者であると同時にすぐれた医者でもありました。

適塾には全国から塾生が集まりましたが、
実は一番多いのは長州人。
全塾生636名中、長州出身者は56名。
1割近くが長州人でした。
久坂玄瑞の兄久坂玄機や村田良庵(大村益次郎)が有名です。


適塾の隣にある「大阪市立愛珠幼稚園」。
現存する木造の幼稚園園舎としては日本最古で、
校舎は100年以上使われています。
残念ながら現在補修中でした。


適塾の近くの「緒方ビル」にある「除痘館跡」。
除痘館は洪庵を中心して開設された天然痘の予防所で、
牛痘種痘を行いました。
このビルには「除痘館記念資料室」があり、
除痘館の資料が展示されています。


緒方ビルに入ってるテナントは全て病院。
さすがですね。


懐徳堂旧阯碑」。
懐徳堂は、江戸中期に大坂商人たちが設立した学問所。
明治2年に廃校されるまで、
大坂一の学問所としてその名を広めました。
跡地は日本生命保険相互会社本店本館となっています。

文久2年、緒方洪庵は幕府の度重なる要請により、
奥医師兼西洋医学所頭取として江戸に出仕。
その疲労から翌年、医学所頭取役宅で死去してしまいます。

この江戸行きがなければ、
もっと多くの優秀な人材を教育する事が出来たでしょうし、
もっと多くの人々を助ける事が出来たかもしれませんね。

■関連記事■
大阪市北区 龍海寺(緒方洪庵墓所)
 緒方洪庵の墓所。
岡山県岡山市 足守陣屋跡
 緒方洪庵は足守藩の出身。
「陽だまりの樹」手塚治虫
 手塚治虫の曽祖父も適塾出身でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。