「井伊大老」吉川栄治

長崎県五島列島の上五島に出張。交通はフェリー。本は絶対に必要ですね。
いつものように図書館で借りてきたのは、吉川栄治の「井伊大老」。

物語にまず登場するのは、井伊の片腕である長野主膳
前半は、彼が井伊直弼に出会うまでが語られます。
その後は直弼の藩主就任幕政参加大老就任桜田門外の変と進むのですが、
主役級に描かれていた長野の顛末が、ほったらかしになっています。
なんか変な感じに終わりました・・・。

本編終了後は、「桜田拾遺」と題して桜田門外の変のエピソードを紹介。
淡々と書かれているところが「葉隠」っぽい内容となっています。

■関連記事■
桜田門外ノ変
 桜田門外の変を題材にした映画 。
東京都千代田区 江戸城西ノ丸下(皇居外苑)
 桜田門外は現在警視庁となっています。
東京都荒川区 南千住小塚原回向院
 小塚原回向院には桜田烈士の墓碑が並んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。