清盛塚

彦島は、京から落ち延びた平家の最後の砦でした。
清盛の子である中納言平知盛が、清盛の遺骨をこの彦島に納骨しています。
それが今回ご紹介する「清盛塚」です。


清盛塚は小高い丘陵にあり、民家の路地を抜けて山道に入ります。


竹やぶの道を進みます。


これが清盛の墓石だそうです。長年無銘のまま放置されていましたが、
昭和4年に清盛塚と刻まれたそうです。
なんで、この石が清盛の墓石ってわかったのかな?
この石の下に清盛の遺骨が眠ってるんでしょうかね。
神戸や京都にも清盛の墓がありますが、ここに清盛の遺骨があるとすれば、
分骨したのでしょうかね。


清盛塚から福浦湾を望みます。
福浦湾は、平家の船が出陣した場所ですね。
建物の無かった当時なら、湾が見渡せて要塞としては、
もってこいの場所と言えます。


なんだか恒例となりつつある、史跡に立つみよちゃんです。
この人、はっと気付いたら、蚊がおでこに3匹止まってるんです。
赤ちゃんの血は美味しいんですかね。

清盛の墓は、壇ノ浦の合戦で平家が滅亡したあとは、
手を合わせる人もいないまま、長年放置されてたのでしょう。

祇園精舎の鐘の声 諸行無情の響きあり・・・・

■関連記事■
下関市彦島 福浦金毘羅本宮
 吉田松陰も登った急な石段。
彦島について①
 彦島の場所。
彦島について②
 北前船の停泊地であった南風泊。
下関市 歴史体感☆紙芝居
 平家が滅亡した壇之浦。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。