下関市彦島 福浦金毘羅本宮

吉田松陰の海防視察日記「廻浦紀略」によると、
松陰は嘉永2年7月16日、
引島(彦島)福浦の金毘羅山に登っています。

この金毘羅山に灯籠堂(今でいう灯台)があったそうで、
九州から福浦に来る船の目印とされていたようです。

金毘羅山とはこの山に金毘羅宮を遷座させた為に呼ばれた名前で、
富観台とも呼ばれています。それまでは頭兜山と呼ばれていました。
金毘羅宮ができてからは、北前船が福浦に寄港すると、
宮司がわざわざ船まで出向いて海上安全の祈祷をするので、
それが評判となり拝者や寄港する船が増えて、
福浦の港は大変繁盛したらしい。

今回はそんな福浦金毘羅宮に行ってみました。

一之鳥居」。
福浦湾に面して一之鳥居が建ってます。
福浦金毘羅宮に参拝する為には、
日本一急(?)だと云われる石段を登らねばなりません。


日本一急な石段(とも云われる・・)。
その勾配は約50度・・・。279段あるということですが、
金毘羅山に住むキツネにイタズラされて、
石段を数えながら登ると必ず間違えてしまうと伝えられます。

松陰が登った頃はまだ建設中で、160段しか出来ておらず、
松陰が石工に尋ねると「完成時は200段ばかりになるだろう」
という話でしたが、実際の完成時は279段なので、
大分計算が違ったようですね。
しかし、160段の後はどうやって登ったんでしょうかね?
上からロープでも垂らされてたんでしょうか?
「廻浦紀略」にはその辺は記されていません。

で、登りましたよ!みよちゃんをダッコして。死にそうでした。
実は裏手に2本ほど別の道があるのですが、
せっかくなんで日本一を味わおうと頑張りました。


金毘羅宮拝殿」。
賽銭箱はありませんでした。賽銭箱は一之鳥居の横にあります。
社を管理してる人も、わざわざ賽銭を回収するために、
ここまで登るのもしんどいでしょうからね。


木々に囲まれて、境内からは福浦湾はほとんど観えません。
当時は福浦湾が一望できたのでしょう。


彦島福浦富観台之碑」。
拝殿のすぐ側にある碑で、長府藩の儒学者小田圭が、
ここから観る福浦湾の傍観の素晴らしさを謡っています。
もちろん松陰もこの碑文を読んでいます。


当時はこの山に灯籠堂と台場があったのですが、現在はありません。
どこかにその痕跡が無いか探してみると、
何らかがあったであろう平地や石垣らしきものを発見しました。
これが灯籠の台座の跡や台場の跡かはわかりません。

「廻浦紀略」では、壇ノ浦の近くの山に灯籠があり、
それが「福浦のものと似ている」と書かれています。
この壇ノ浦の近くの山の灯籠とは、
高杉晋作陶像のある日和山公園にある「つかずの灯篭」の事で、
それと同じような灯籠がこの山にもあったのでしょうね。


石段を上から覗く。
足を踏み外したら確実に死にます。
絶対転げ落ちて死んでる人いると思う・・・・。

2歳の愛娘を抱えて降りて、もしもの事があったら取り返しがつかないので、
裏道から帰ることにしました。

■関連記事■
下関市みもすそ川町 火の山灯篭堂の石灯篭
 松陰が似ていると言った灯篭はこっちかも?
松陰の北浦巡視⑤
 松陰は福浦金毘羅本宮を訪れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。