松陰の北浦巡視⑤

続き。
////⑤/


廻浦紀略の道筋5

嘉永2年7月15日
①早朝出発。

船で寝しまい目が醒めたのは、安岡まで船が進んでから。
安岡は湯玉よりも栄えており、粉壁が多く見える。
それまで通った土地の様子を船頭に訪ねると、
吉見から安岡に至る10里程は、
何もない海岸が続くとの事。
安岡から赤田村までは白い砂浜。
そこから海岸が険しくなっている。
船は六連島へ。

②六連島に到着。
台場はどこかと尋ね、
芋畑を抜けて御番所に案内される。
そこから伊崎を望むと、
出てくる船の悉く一に三ツ星桐の紋章が付いている。
これらの船は有事の際、軍役に用いる印。
船を出して南風泊に向かう。

③南風泊に到着。船を繋いて小舟で竹ノ子島へ。
④上陸して、一ノ台二ノ台六ノ台を巡視(記事はこちら)。
六ノ台だけ石垣が築かれており、足軽の番所もあった。

⑤小舟で引島に上陸。獅子口台場を巡視。
和布刈通」に乗るが潮が悪く進めない。
少し待ってから出発。
引島の外面を進み、前小島・江ノ浦、福浦を眺める。
右手に小倉を望む。
小倉は城下を固めて賊船を通らせなければ、
他を防備する必要はない。
田の首、岩柳島を経て亀山八幡(記事はこちら)まで行き、
船を返して竹崎へ。

⑥竹崎に到着。関屋松兵衛の宿に宿泊(記事はこちら)。
風呂に入ってから新地会所へ挨拶。
帰って宿で寝ていると、役人が挨拶に来た。
※風呂嫌いで知られる松陰ですが、
 やはり藩の会所に行く時は、

 綺麗にしたということでしょうか?


廻浦紀略の道筋6

嘉永2年7月16日
①小舟を出して福浦へ。

②福浦の金毘羅祠に登り、燈篭堂の台場を巡視。
台場はまだ築かれてていない。
松陰は燈篭台について仕組みや財源など尋ねる。
(福浦金毘羅本宮の記事はこちら
福浦を出て田の首へ。

③田の首に到着。山床ノ鼻八幡宮上台場を巡視。
ここの台場もまた築かれていなかった。
田の首を出て岩柳島へ。

④岩柳島(厳流島)に到着(記事はこちら)。
佐々木巌流宮本武蔵が戦い、
巌流が討たれたところで巌流の墓がある。

⑤船に乗って宿で昼食。
小舟で小瀬戸を通り、西山の番所へ。

⑥西山の番所には砲家山縣東馬中村寮平が在勤。
武器庫が2棟あり、大砲を巡視して帰る。

⑦関屋松兵衛の宿に宿泊。

嘉永2年7月17日
亀山台場壇ノ浦台場を巡視。
火ノ山に燈堂が見え福浦のようである(記事はこちら)。

⑨門司の城山の麓に船を寄せて潮待ち。
昼食後、船を出すが潮が既に落ちていて、
進まないので引き返して帰る。

続く。

////⑤/

■関連記事■
吉田松陰2度目の江戸遊学①/////
 育となった松陰は江戸に向かう。
松陰の九州遊学①////////
 松陰は平戸の葉山左内に教えを請う為、九州を遊旅しています。
松陰の東北遊学①/////////
 宮部鼎蔵、江帾五郎と共に東北に遊学しました。
松陰の須佐巡見
 北浦巡視前に萩以北を巡視しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。