松陰の北浦巡視④

続き。
///④//


廻浦紀略の道筋4

嘉永2年7月13日
①早朝より浦の漁舟で出航。
幅7尺、長さ3丈の丈夫な造りの船で、
対馬まで行けるという。
戦時に徴用できそうだ。古城山、矢倉山の台場を視る。
途中の金子島で貝石を拾い、角島に向かう。

②角島に到着。
※松陰はこの地を重要な拠点と位置付けており、
 戦術的提案を記しています。
海が荒れた場合には、援軍を派遣できないので、
 あらかじめ厳重な備えが必要。

 肥中側は、2門の砲台を置くだけで良いが、
 外海に面した場所には、動かし安い大砲を10門備え、
 臨機応変に対応できるようにする。
 常駐兵を5~6名置き、島民に銃砲を習得させるべき

舟を返して涌浦に向かう。

③涌浦に到着。浦老中野謙蔵宅を訪問し昼食。
一町田山(赤葉山)に砲を設置したい。中野宅を出て陸路。

④岡林で鬼の松を見物(記事はこちら)。
元寇を皆殺しにした時の記念との事。

神功皇后の祠に拝観。古い刀剣を見る。
近ごろ土居ヶ浜から出土したとの事。
※この神功皇后の祠とは神功皇后神社の事で、
元寇の撃退に感謝して
伏見天皇が造らせたもの。
古い刀剣は神社で見る事ができます(記事はこちら)。


神田の遠見番所に上り、岬に出て台場狼煙場を巡視。
既に日は落ちており、岬から漁舟に乗り涌浦に向かう。
この日「和布刈通」は、阿川から特牛港へ回航。

⑦涌浦に到着。中野謙蔵宅で宿泊

嘉永2年7月14日
⑧未明に宿を出て特牛から「和布刈通」で出航。
神田岬の足元を廻るが、海岸線は険しく上陸できない。

廻浦紀略の道筋5

陸地沿いを進み矢玉を視る。
このあたりは海が浅いので大きな船を停泊できない。
敵が攻めて来ても、小舟を使って上陸する他はない。

矢玉、津波敷、二見、鯖釣山に至り、
鯖釣山の麓を廻って湯玉に出る。
湯玉から小串までは海岸の絶壁が険しくて上陸は困難。
本浦・今浦を遠く望み、厚島の内側を通り青井之鼻台場、
泊ヶ鼻台場、甲山台場を視る。そこから蓋井島へ。

⑨蓋井島に到着。
御番所役今永大五郎、里長松本五郎左衛門が出迎え、
案内されて金毘羅山台場に登りあたりを眺める。
台場の位置は非常に高くて海に面している。
石組はまだ完成しておらず、
石が二つ置いているだけであった。

出航して吉母に上陸しようとしたが、
船頭が言うには吉母へ向かうには逆潮で、
吉見に向かうほうが良いとの助言を受けて吉見に向かう。
大谷頭、鬼ヶ岳、吉母浦を遠く眺める。

⑩暗くなって吉見浦に到着。ここで宿泊する。

続く。

///④//

■関連記事■
吉田松陰2度目の江戸遊学①/////
 育となった松陰は江戸に向かう。
松陰の九州遊学①////////
 松陰は平戸の葉山左内に教えを請う為、九州を遊旅しています。
松陰の東北遊学①/////////
 宮部鼎蔵、江帾五郎と共に東北に遊学しました。
松陰の須佐巡見
 北浦巡視前に萩以北を巡視しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。