松陰の須佐巡見

吉田松陰は海防視察の為に北浦の巡視を行っていますが、
その際の様子は「廻浦紀略」で知る事ができます。
松陰の北浦巡視①/////
これはから赤間関に至る巡視の日記なのですが、
それ以前に萩以北の海岸線も巡視していました。
しかしこれについて詳しく書かれた日記等は無く、
僅かに代官による簡単な報告書が残るのみです。

嘉永2年長州藩は海防の重要性を認識し、
その領内の外海に接する海岸線の調査を、
兵学者道家龍左衛門多田藤五郎等に命じました。
松陰も藩に「異賊防禦策」「水陸戦略」を上書していた為、
※当時の松陰は吉田大次郎。ここでは松陰に統一。
6月19日にこの一行に加えられています。

嘉永2年6月27日
一行は阿武郡須佐浦に到着。
※須佐は益田家の所領。

6月28日~7月1日
この間、江崎浦田萬村を巡視。
※江崎は西堂寺六角堂が有名。
 田萬は石見国との国境沿いの村。
 キャンプ場や温泉施設があります。


6月27日から7月1日の行程。
何日に巡視したとかどうだったかは不明です。

7月2日
風が悪く船が出せないので陸路で海辺を通り、
宇田の遠見番所、日名古浦を巡検し、萩に帰還。
宇田は現在も漁村の風情が残っています。
 日名古は現在の名古の事で、道の駅発祥地のひとつ。
 (道の駅は全国12ヶ所で同時に実験運用)



7月2日の行程。

以上が「廻浦紀略」以前の行程ですが、
巡視した場所がわかっているだけで、
それ以外は全くわかりませんし、
この巡視の一行が廻浦紀略と同じかも不明。
※廻浦紀略のメンバーは、道家龍左衛門、多田藤五郎、
 飯田猪之助森重政之進大西喜太郎郡司覺之進
 そして松陰の7名。

ただ、それほど細かく巡視していないところなど、
廻浦紀略に似た感じもしますね。

■関連記事■
松陰の北浦巡視①/////
 この後の松陰一行の行程。
松陰の九州遊学①////////
 嘉永3年の九州遊旅の行程。
松陰の東北遊学①/////////
 嘉永4年の東北遊学の行程。
長州藩の異国船討ち払い
 須佐では江戸時代中期に外国船討払が行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。