下関市豊北町神田 土井ヶ浜の鬼の松

夏になると海水浴客でにぎわう土井ヶ浜
綺麗な白い砂浜が有名で、
わざわざ他県からも泳ぎに来るほどです。

元寇では、北浦にも蒙古の大軍が押し寄せており、
所々で色々な伝承があったりしますが、
この土井ヶ浜にも蒙古兵を埋めたとされる場所があり、
塚印に3本の松が植えられたそうです。

その3本のうち1本は枯れてしまい、
2本が残りましたが、その松の枯枝を焚くと、
火粉が散り大風になるという言い伝えがあり、
残った2本の松は「鬼の松」と呼ばれ、
明治期まで巨木として立っていました。

吉田松陰もこの「鬼の松」を見たことが、
廻浦紀略」にも記されており、
名の知られる巨木だったようです。
・・が、日清戦争の際に自ら火を発し、
燃え上がって焼失してしまったという・・。
これを人々は日本勝利の吉報であると考えました。
ポジティブですね。

その「鬼の松」が立っていたのは、
現在の「忠魂碑の丘」らしい。

豊北町大字神田の土井ヶ浜周辺(忠魂碑の丘の場所)


史跡 土井ヶ浜遺跡」。
土井ケ浜近くの砂地の丘にある遺跡で、
弥生時代前期に営まれた集団墓地。
発掘調査で300体余りの人骨が発見され、
副葬品と共に弥生式土器などの遺物も出土しています。
有名な15本の石鏃が打ち込また「英雄」や、
鵜を抱く女」もここで発見されました。


忠魂碑の丘」。
土井ヶ浜遺跡の奥側(国道側)にある忠魂碑の丘。
この丘に「鬼の松」があったということですが、
もちろん焼失したので現在はありません。


丘の頂上には名のとおり忠魂碑があり、
祠のようなものも建てられています。

元長州藩士の近藤清石は、明治35年にここを訪れ、
鬼の松を「焼けて枯ながら立てり」と記しており、
焼た後もまだ残っていた様子が窺えますが、
その後の忠魂碑建立などで無くなったのでしょうね。

松陰は「廻浦紀略」に
岡林ヲ過キ 鬼ノ松ヲ見
 此昔時元寇ヲ鏖セシ時ノ京観ト云」と記し、
「鬼の松」を見学した事に触れており、
その後「神功皇后ノ祠(神功皇后神社)」で、
蒙古が使用したとされる古い刀剣を見学しています。

■関連記事■
下関市豊北町神田 神功皇后神社
 出土した刀剣が保存されており、松陰も見学しています。
下関市豊北町阿川 松陰先生登臨之碑
 松陰が登ったとされる阿川の日和山。
下関市豊田町杢路子 狗留孫山修禅寺
 長府毛利家の祈願寺。松陰もここを訪れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。