下関市豊北町阿川 松陰先生登臨之碑

吉田松陰北浦巡視の際に、
阿川を訪れています(記事はこちら)。

松陰は阿川の日和山に登って、
そこから本浦の東西と今浦台場を眺めました。

豊北町阿川周辺(日和山の場所)


日和山の麓にある蛭子神社
エビスは商売の神でありますが、
漁業の神でもありますので、
阿川の漁師の信仰を集めていたものでしょう。


境内から山道に入る。
こんな道しかないのかなと思ったら、
港側から行ける別の道もあったようです。

とりあえず進んでみると、
コンクリート製の東屋が現れました。

松陰亭」。
阿川出身の代議士佐々木安五郎が、
昭和7年に建てたもの。
天井に当時の名士の揮毫が張られているのですが、
ホコリで汚れていて判別できません。

それから少し先が頂上です。

松陰先生登臨之碑」。
玄洋社総帥頭山満による揮毫の石碑。
松陰70年祭を記念して建てられました。
日和山に登り、本浦東西及び今浦の台場を遠見す」と、
廻浦紀略には記されており、
松陰がここに登った事がわかります。
本浦というのは多分阿川湾の事だと思われますが、
今浦というのがよくわかりませんが、
日和山の西側の小さな湾の事でしょうか?

■関連記事■
長門市青海島 通浦(古式捕鯨の町と台場跡)
 鯨の町とそこに設置された台場跡。
下関市豊北町神田 神功皇后神社
 吉田松陰が立ち寄った神功皇后を祀る神社。
下関市豊浦町 泊ヶ鼻台場
 異国船打払の為に設置された台場跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。