下関市彦島 巌流島

巌流島に行きました。

地元の人間は、巌流島については「何もないよ」と誰もが言います。
僕も小学生の頃に行ったことがありますが、たしかに何も無いただの小島でした。
釣りをする人以外は、行くことが無い島でした。
まあそれが、大河ドラマ「武蔵」の影響で、
観光スポットのひとつとなりました。

とはいえ、「何もない」ことには変わらないようで、
地元の人間は釣りをする人か、イベントの時以外は、
行くことがありません。
親や兄弟、友達に「巌流島にでも行こうかな?」とでも言おうものなら、
「あんな何もないところ、なんでいくんだぁ?」と、変人扱いされる始末です。

とはいえ、大人になってから行ったことありませんし、
「あそこの店は不味い」と誰かに言われても、
やっぱり自分でその店に行って味を確かめて見ないと、
本当に不味いかどうかなんてわからないのと一緒だと思いますので、
勢いで行ってみました。

巌流島へは、唐戸から船が出ています。
2つの会社の船があって、コースが違うようです。
昔は唐戸からではなく、彦島から船が出ていましたが、
下関観光の基点である唐戸の方が、観光客が乗りやすいんでしょうね。
白い船の会社と、黄色い船の会社があって、今回は黄色い船に乗りました。

少し迂回して赤間神宮のあたりまでまわります。
あまり海上から赤間神宮を見ることもないですね。
真ん中へんの竜宮城みたいなのが「赤間神宮の水天門」です。
左側の山の中腹の黄土色の屋根が「春帆楼」です。

往路は迂回するので13分ぐらいで、巌流島に到着します。

島は綺麗に整備されています。
休憩所やトイレなどがありますね。
右側の林の側には「佐々木巌流之碑」があります。

武蔵と小次郎の銅像
大河ドラマ「武蔵」に合わせて作られたものです。
除幕式には、武蔵役の海老蔵と小次郎役の松岡も出席したようです。

観光客が記念に写真を撮る「巌流島文学碑」。
バックに関門橋が見えて絶好の写真スポットです。
碑に乗るのはナンセンスなのかもですが、
座らせやすいカタチなんで、みんな子供を乗せて撮っていました。

行ってみてですが、まあたしかに「何もない」のかもしれません。
ですが、日本で一番有名(?)な決闘のあった場所というだけで
価値はあるのでしよう。
島自体は、銅像や碑を見学して30分もあれば見てまわれますが、
関門海峡を小さな船に乗って門司と下関双方を見回して、
クルーズするという意味では、面白いと思いますね。

幕末関連についてですが、
吉田松陰が嘉永2年に、海防視察のためにこの島を訪れています。
また慶応3年には、坂本龍馬とお龍が、
この島に渡って花火をしたという記録があります。

■関連記事■
下関市 歴史体感☆紙芝居
 巌流島の戦いの紙芝居もやってます。
おりょうさんについて①/
 坂本龍馬の妻楢崎龍についての私見。
松陰の北浦巡視⑤
 吉田松陰も巌流島に上陸しています。

共有:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。