下関市彦島 竹の子島

彦島には竹の子島という小さな島があります。

吉田松陰の海防視察日記「廻浦紀略」では、
松陰がここに上陸して、砲台の視察を行っており、南風泊から小船で竹の子島に渡り、
壱之台弐之台六之台の台場を巡視しています。


松陰は小船で渡りましたが、現在は橋が架けられており、
車でそのまま竹の小島に入る事が出来ます。


橋から彦島と竹の子島を結ぶ海峡を見る。素朴な漁村の雰囲気が素敵な風景です。
左が彦島で右が竹の子島。奥は獅子ノ瀬という岬で、ここにも台場が建設されており、
松陰が視察しています。


反対側は造船所と南風泊漁港。左が竹の小島で右が彦島です。


竹の小島金毘羅社」。
松陰が登った福浦金毘羅本宮の末社です。
廻浦紀略」には記載がありませんので、たぶんここには詣でてないと思います。


六之台の台場があった台場之鼻灯台

彦島の昔ばなしの中に六之台の話があります。攘夷戦の際、彦島に設置された砲台で、
東側の山床鼻弟子待石ヶ原は、外国船に砲撃しましたが、
西側の西山や竹の小島の砲台は、外国船から遠いので砲撃する機会が無かった。
遠くで聞こえる砲撃の音に六之台の兵がやきもきしていると、遠見役が大声をあげます。
獅子ノ瀬に人が流されよるぞ~」。
びっくりした兵らは、海に飛び込んで引き上げたがすでに仏様になっていました。
しかしこの仏様。変わった着物を着て、鼻は高く、色は白い・・西洋人です。
長州砲に当たって死んだのかと思いきや、外傷は全くなし。
とにかく毛唐といえど仏様。このままほおっておくわけにいかないので、
台場の脇に埋めてユズの苗木をその上に植えました。
ところが、戦闘が終了し講和の際、オランダ水兵が行方不明になったというので、
話がこじれているとの噂が流れます。これはマズイと六之台の連中は、
「今後、如何なることがあろうとも、獅子ノ瀬の佛については、一切口外しない
と誓い、血判までしたといわれています。
昔はなしなのでホントかどうかわかりませんが、そういう話が伝わっています。


さて、この竹の小島で素晴らしいのが、西側の海岸。
波に侵食された海岸線が素晴らしい景観を作り出しています。


遠浅の海は透き通っていてとても美しい。向こうの島は六連島馬島です。

この景観は全国的な観光スポットになってもおかしくないでしょう。
・・・ですが・・・・。超ゴミだらけなんです。


海流の関係でしょうか?漂流ゴミが打ち上げられてて、
美しい景観を台無しにしてくれてます。
隣国から流れ着いたゴミだという人もいますが、
どうみても日本製品とわかるゴミも多数あります。

wikipediaにまでゴミが多いと書かれています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E3%83%8E%E5%AD%90%E5%B3%B6
市はこれをと思って、何らかの対策をとるべきでしょうね。

■関連記事■
松陰の北浦巡視⑤
 吉田松陰も竹の子島に上陸しています。
彦島について①/
 竹の子島は彦島に付属している島。
下関市彦島 巌流島
 巌流島も彦島に付属している島。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。