宇部市 万倉護国神社

禁門の変の責任を取って自刃した三家老の一人国司親相
彼を祀る万倉護国神社に行ってきました。


万倉護国神社」。
慶応より長州藩内で設置された招魂場のひとつとして、
禁門の変の責で自刃した領主国司親相と、
禁門の変や幕長戦争で戦死した家臣26名を祀る峠山招魂場が、
奥万倉土井に建立されています。
それとは別に、昭和17年万倉村民により、
この地に万倉護国神社が建立され、
万倉には峠山招魂社と合わせて2つの招魂社ができました。
平成18年になってこの2つ招魂社が合祀することとなり、
それぞれ英霊の招魂墓顕彰碑などがここに移管されています。


贈正四位国司君之碑」。
国司親相は通称国司信濃と呼ばれ、
寄組5600石万倉領主でした。
三家老の他の二人は準一門の永代家老家出身ですが、
寄組である国司家は、本人の実力がないと家老にはなれない。
※他の2人が実力が無いというわけではありません。

家督を相続して早くから家臣達に鉄砲の訓練をさせるなど、
先見性を持った人物だったようで、
緒組総支配赤間ヶ関防備総奉行など軍事面で活躍し、
禁門の変でも来嶋又兵衛と共に蛤御門まで進撃しています。


国司信濃公像」と「歌碑」。
国司親相は歌才もあったようで、秀作を多く残しています。
この歌碑に書かれているのは、禁門の変後の謹慎から、
徳山藩に身柄お預けとなって、万倉を出発する時に歌ったもの。
跡たれて君をまもらむみどりそふ 万倉の山の松の下かげ
すでにこの時点で死を覚悟していたようです。


国司家家臣達招魂墓
峠招魂場にあった招魂墓が移管されています。
禁門の変と小倉戦争(赤坂の戦い)で戦死した国司家の家臣達で、
その人数からも国司家家臣団が勇猛であったものと推測できます。

他にも佐賀の乱西南戦争での戦死者から、
その後の大東亜戦争の万倉出身者の招魂墓が並べられていました。

ちなみに国司家は戦国時代の国司元相の末裔。
元相は将軍足利義輝に「槍の鈴」の免許を与えられた豪の者で、
生涯で130余の首級を挙げたとされ、
なんと100歳まで生きたそうです。

■関連記事■
宇部市 国司家居館跡
 奥万倉伊佐地の国司家の居館跡。
宇部市 天龍寺(国司家墓所)
 天龍寺にある国司家代々の墓所。
周南市徳山 三家老幽閉之地
 三家老が徳山藩に預けられて幽閉された場所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。