宇部市 国司家居館跡

万倉領主国司家の屋敷跡が奥万倉伊佐地にあります。


国司家居館跡
領主の館らしい立派な石垣ですね。
建物は残されていませんが、
なんとなくお屋敷だった雰囲気が感じられます。


屋敷の敷地内に案内板がありますが、
かすれててほとんど読めません・・。


贈正四位国司信濃御館址」碑。
この碑を建てたのは万倉村のようです。
国司家が万倉の領主となったのは、寛永2年(1625年)の事。
この時の当主国司就正がここに居館を建て、
天龍寺を菩提寺(記事はこちら)にしました。
後で調べたらこの居館跡の奥に、
美登里神社という国司親相を祀った神社があるらしい。
全然気が付かなかった。

■関連記事■
宇部市 広矛神社
 国司親相が戦勝祈願を行った神社。
宇部市 万倉護国神社
  国司親相や国司家家臣を祀る招魂社。
周南市徳山 三家老幽閉之地
 三家老が徳山藩に預けられて幽閉された場所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。