星になっていた高杉晋作

昔の男の子のプレゼントの定番は、天体望遠鏡でしたね。
おばあちゃんとか親戚のおばちゃんとかが、
誕生日なんかに買ってくれたりして。
最近はどうなんだろ?やっぱゲームでしょうかね。
男の子に天体望遠鏡あげたら喜ぶのかな?

僕はと云いますと誰からも天体望遠鏡を買ってもらえず、
友達の天体望遠鏡やそこから見える星の話など、
聞いていいなぁとか思っていました。
まあそんな訳で天体の事とか全く疎いわけですが、
無数にある夜空の星って一つ一つ名前があるみたいです。
なんでもその星の発見者に命名権があり、
発見者のセンスで色々な名前が付けられていますね。

で、そんな中で高杉晋作の名前が付けられた惑星がありました。
103個の惑星を発見したという天体観測館職員の中村彰正氏。
彼が名付けた多くの星々の中に、
高杉晋作が由来の9076Shinsakuという星がありました。

おおお!!!・・・・っと思ったら、
吉田松陰15841Shoinとか、
伊藤博文110743Hirobumiとかある!!

どうも彼は、故郷の山口県や職場の愛媛県にゆかりある名前を、
惑星に付けているようです。
103個も惑星見つけちゃったらネタなくなるもんねぇ。
他には、15841Yamaguchi(山口)や、
48736Ehime(愛媛)というそのまんまのものや、
15921Kintaikyo(錦帯橋)や7484DogoOnsen(道後温泉)
なんてのもあります。

え?46737Anpanman(アンパンマン)?
158241Yutonagatomo(長友佑都)?
12796 Kamenrider(仮面ライダー)?

やりすぎでしょ(笑)。

■関連記事■
カエルを食べたかった晋作
 晋作や山縣がカエルを捕まえたのかな?
高杉晋作は拉致された子だった??
 親の気持ちになればわからなくもない。
「錦の御旗」を最初に掲げたのは晋作??
 マジっすか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。