「錦の御旗」を最初に掲げたのは晋作??

鳥羽伏見の戦いの際に、新政府陣営に錦旗が掲げられ、
これによって旧幕府軍賊軍となり、
朝敵となることを恐れた徳川慶喜大坂城を脱出します。

錦の御旗に関しては、正当性や有効性に諸説がありますが、
とにかく官軍を象徴するシンボルではありました。
元々は朝敵討伐の証として、天皇が与えるもので、
承久の乱で、後鳥羽上皇藤原秀康に与えたのが、
その最初であったとされてます。
※この承久の乱では、
 錦旗を掲げた藤原秀康が幕府軍に破れています

錦の御旗は官軍の大将が用いる御旗で、
天皇の治罰綸旨が下されることが必要でしたが、
与えるといっても実際に旗を与えるわけではなく、
天皇より「旗を掲げていいよ」という許しを得るだけで、
実物の御旗は自分で製作しなければなりませんでした。
つまりどんなデザインでも良かったわけです。

鳥羽伏見で掲げられた錦の御旗は、
岩倉具視の発案によって玉松操が古事に則ってデザインし、
材料として京都市中で大和錦と紅白の緞子を調達し、
半分は京都薩摩藩邸で、もう半分は長州に持ち込まれ、
それぞれで製造したもの。
日輪月輪の施された真っ赤な大和錦の幟は、
その意味は分からずとも、
ひときわ目立つものだった事は間違いないでしょう。

さてさて、
記事のお題「錦の御旗を最初に掲げたのは晋作??」ですが、
一見すると狂信的な晋作信者と疑われそうですよね。
実は坂本龍馬が慶応2年12月4日付で、
坂本権平とその家族に宛てた手紙に、
晋作が小倉戦争で錦旗を掲げたと書かれています。

・・・高杉普作ハ本陣より錦之手のぼりにて下知し、
薩州の使者村田新八と色々咄しなどいたしへた/\

笑ながら気を付て居る。敵ハ肥後の兵などにて強かり
けれバ、普作下知して酒樽を数々かき出して、戦場ニ
て是を開かせなどしてしきりに戦ハセ・・
(龍馬の手紙より抜粋)

晋作は本陣で「錦之手のぼり」にて指揮し、
薩摩の使者として来関していた村田新八と笑談し、
兵に酒樽を振舞って戦わせています。

」というのは、二色以上の色糸で、
柄を織り出した絹織物の事で、
豪華で美しい織物の総称として表現されています。
手のぼり」は文字通り手で持つ「幟」の事で、
幟は旗の一形式であり、旗と呼んでも間違いではない。
つまり晋作は「錦の御旗」を本陣に置いていたのです。

晋作ならば酔狂も絡めて、
長州藩は勤皇であるので官軍である
と錦旗を掲げる事も無くはない。
一般的には高価で風になびきにくい錦という素材を、
幟に使用する事はあまり無いでしょう。
仮に本当に錦の幟があったとしたら、
「錦の御旗」だという意識はあったはず。
この錦旗は薩摩の村田も見てるはずですので、
倒幕の際に「錦の御旗」を正式に作ろうとしたとしても、
辻褄が合いますね。
それならばやはり最初に「錦の御旗」を揚げたのは、
晋作ということになるでしょう。

・・奇兵隊の「菅原大神」と書かれた守護旗が現存します。
清末藩主毛利元純の筆とされるその旗は白地のもの。
雷神でもある菅原道真は農村でも信仰され、
農民出身者が多い奇兵隊は天神を守護神としていました。
もちろん開闢総督である晋作も、菅原道真を信仰しています。

現存する「菅原大神」の守護旗(防府天満宮所蔵)は、
白地に縦書で「菅原大神」と書かれていますが、
写真で見ると下の方にほんの少しだけ錦が付いています・・。
この旗は戦場には持ち出されず、
本陣に置かれたとされていますので、
掛け軸のように錦で表装されていたようです。
ならば「錦の手のぼり」と龍馬が表現してもおかしく無い。
もしかしたらこれのことかもしれませんね。

ただ、晋作が「錦の御旗」を本陣に置いたという話は、
真意は定かではありませんがロマンがあります。
晋作ならばやりかねない。そんな気もしますよね。

■関連記事■
高杉晋作は拉致された子だった??
 昔はDNA鑑定なんて無かったですもんね。
カエルを食べたかった晋作
 晋作が吉田の奇兵隊陣屋を視察した際の出来事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。