高杉晋作が生存!?

生存説があることは、英雄の条件のひとつ。
源義経織田信長明智光秀などなど・・
幕末維新で云えば西郷隆盛に生存説がありますね。
悲劇の最期を迎えたこれらの英雄は、
庶民の生きていて欲しいという願望から、
生き延びて大陸に渡った
という類の話が出来上がります。

上記の英雄は、戦に敗れて亡骸が不明だったりして、
生きている可能性が残されているパターンですが、
我らが高杉晋作は彼らと違い病気で死んでおり、
盛大な葬儀も執り行われて、吉田に葬られていますので、
生存説が発生することもないはずなのですが、
なんと、晋作にも生存説があったのです。


「新聞集成明治編年史」第2巻より

明治8年12月発行の神戸新聞138号の雑報に、
榊次郎子の報知として語られます。

「余は今月5日に、高知県の田中直人君に偶然、
 神戸の長狭通にて出会ったので自分の茅屋に招待した。
 この田中君という人は、余の親友。
 彼との縁は元治元年の長州攘夷の時。
 志を同じくして共に長州に走ったが、
 その後の戊辰の年に東京で離別し、
 この度久し振りの再会した。
 時に田中君曰く「予は過る11月初旬、
 長崎を出立して長門赤間ヶ関に滞留中に、
 不思議なことに元毛利家の大元帥高杉晋作東行公に、
 新地で偶然会い、直ちに高杉公の旅館に推参して、
 色々と聞いてきた。
 「先生は既に亡くなっているとばかり思っていました。
  先生のお墓は吉田の清水山にちゃんとあります。
  不思議な事です。先生!今までどこに居たんですか?」
 高杉公曰く
 「我は丙寅の年に寸謀を用いて、
  或る人に託して死んだことにしたが、
  皆、これを信じてしまった。」と、
 笑ってまた曰く
 「我はその後支那に行き、
  支那人のふりをして世界中をまわって帰ってきた」と。
 予は
 「お留守中、世の中はめまぐるしく発展しています」
 と言うと、高杉公は大いに笑って
 「百万の蒼生未だ春を知らず、
  共にめでたい春を見る日も来るだろう

 と言われた時、長府より書簡来たので、
 高杉公は新地より船に乗って長府に行ってしまった。
 それから2日待ったが旅館には帰って来なかった。
 それで長府に行ってみて高杉公の事を訪ねたが、
 誰も知らなかった。
 仕方ないので新地の旅館に一書を託して、
 空しく昨日当港に着いた。」と。
 田中君は嬉しげに高杉公が英国で撮った写真を、
 余に見せながらこの事を語った。
 余はこの写真を見て、その話を聞いて大いに力を得た。
 田中君は「高杉公は多分、来年あたりに、
 世に出てくるだろうと思う」と云い、
 今月の7日朝に大阪をたって東京に向かった。
 余は元々水戸の人で、以前長州攘夷の時に長州で奔走した際、
 高杉公の恩恵を受けた。その恩は海より深く山より高く、
 今回、田中君の話で高杉公が生きていると知り、
 誠に死中に再生の心地がした。(以下略)
※現代語訳してます。
 原文は「新聞集成明治編年史」第2巻に載ってます。

これを報知した榊次郎子という人物は、
ちょっと調べてもよくわからない。
「子」と付いているので子爵なのでしょうか?
それとも「氏」の意味か?
水戸の人との事ですが、
第一次東禅寺事件で斬首された榊鉞三郎の親族?
晋作に直接会ったという高知県の田中直人もよくわらからない。

ただ、会った時のやり取りがとても晋作っぽく、
本当の事のように感じられます。
生きていたら世界中を回ったであろう事もそれっぽい。
もちろん明治9年に晋作が世に出てきた事実もないし、
世界中を旅する中国人が居たら、
その形跡くらい残されているはず。
まあ、榊次郎か田中直人の与太話なのでしょうが、
作り話でも晋作という人物に会った事のある人物でないと、
こんなに晋作っぽいリアルな話はできないでしょうね。

仮にこれが本当の事ならば、
「寸謀を用いて或る人に託して死んだことにした」
※原文「我丙寅ノ年寸謀ヲ用ヒ或人ニ託シ置シガ・・」
或る人は晋作の葬儀を取り計らった白石正一郎でしょうね。
晋作と白石がグルになって・・・。
おうの望東尼も騙して、生きたまま棺桶に入って、
信頼できる奇兵隊士ら数名が、
空の棺桶とすり替えて・・・みたいな(笑)。

■関連記事■
高杉晋作の葬儀
 晋作の葬儀は白石正一郎が取り仕切りました。
山縣の結婚式の日に晋作が危篤となる
 宴の最中に急報がもたらされます。
星になっていた高杉晋作
 夜空を見上げれば、晋作の星が輝いている?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。