青森県むつ市 斗南藩史跡①

①//

会津戦争終結後、謹慎を経て会津松平家復興が許され、
陸奥国東部(北郡、三戸郡、五戸郡)に立藩したのが斗南藩

立藩にあたり、旧領の猪苗代旧盛岡領の選択を許され、
家臣らの激論の末に後者に決定されました。
同じ3万石ならば、土地が広い方が開墾できるという事と、
海に面して貿易に有利な事を考慮されたようです。

藩名を「北斗以南皆帝州」にちなみ斗南藩と命名しますが、
南(薩長)と斗(戦う)
という隠れた意味もあったという説もあります。 

むつ市大湊には、
斗南藩士が上陸したことを記念する碑があります。

斗南藩士上陸之地」。
会津若松市の慶山石で造られた記念碑。
説明板には新潟より海路で上陸したと書かれていますが、
移住第一陣は、明治3年4月19日に八戸に上陸していますし、
同年10月の藩士家族の移住は陸路であったようですので、
所領決定後の領内調査の際に、
旧藩士らが上陸した場所ということでしょう。

大湊は天然の良港で、北前船の風待港として栄えており、
藩庁を設置するに適した場所だった事でしょう。
また下北半島の山々は、日本三大美林「青森ヒバ」で覆われ、
無数の良木が生い茂っていました。
しかし、斗南藩はその良地の特色を生かさなかったようです。

米経済に馴れた旧会津藩は、開墾に力を注ぎますが、
極寒の下北半島は稲作に適しません。
薩摩・長州の経済が、米から金に切り替えて潤っていた事を、
旧会津藩は知らなかったようです。
大湊に寄港する北前船等を相手に商売をし、
ヒバの巨木を伐採して良木を売って財政に当てれば、
飢えで命を落とす藩士もいなかったのではないでしょうか?

むつ運動公園」の東側にある呑香稲荷神社へ。

元斗南藩士の陸軍大将柴五郎の住んでいた場所があります。
柴は義和団の乱北京籠城戦実質的総指揮官で、
日本を含む8ヶ国が北京に籠城した際、
英、仏、中国語等を話せる柴は、
各国をまとめて約2ヶ月に及ぶ籠城戦に勝利します。
この活躍で各国の称賛を浴び、
リュウトナンコロネル・シバ柴中佐)」
の名は世界で知られるようになったという。
ちなみに柴は、下関要塞司令官にも任命されています。

細道に入って少し進むと、赤い鳥居が見えます。

呑香稲荷神社」。
移住したばかりの柴家は、
この神社で雨露(というより雪)をしのぎました。
俵やムシロにくるまって眠れぬ夜を過ごしたとされます。


斗南藩柴五郎一家居住跡」。
呑香稲荷神社で越冬した一家は、
ここに住居を建てたようです。
父の佐多蔵は「ここは戦場なるぞ 
会津の国辱雪ぐまでは戦場なるぞ」と言ったとか。
案内板には「斗南士族の胸中には「まこと流罪に他ならず、
挙藩流罪という史上かつてなき極刑にあらざるか」という
憎悪と怨念が残るのみであった
」と書かれていますが、
ここを選んだのは会津藩の重臣達で、
それに関して恨むのは筋違いな気もしますが・・。

①//

■関連記事■
岩手県盛岡市 盛岡城跡
 斗南藩が領地としたのは、元々盛岡藩の領地。
青森県むつ市 斗南藩史跡②
  移住した斗南藩は円通寺を仮藩庁と定めました。
青森県むつ市 斗南藩史跡③
 斗南藩の開墾の拠点と墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。