岩手県盛岡市 盛岡城跡

盛岡城は、三戸南部家20万石の居城。
南部家は鎌倉時代の武将南部三郎光行を祖とする名門で、
宗家の三戸南部家は、南北朝時代より陸奥で勢力を伸ばし、
室町~戦国時代には陸奥北部最大の勢力となっていました。
天下の気勢が豊臣秀吉に傾き、小田原征伐が行われると、
26代当主南部信直は兵を率いて参陣。
奥州仕置で10万石の所領が安堵されています。

秀吉が死去すると徳川家康に接近。
会津の上杉征伐を命じられ、
最上義光の後援として山形に出陣しました。
しかし同じく上杉征伐を命じられていた伊達政宗は、
南部家により没落した和賀忠親を煽動して一揆を起こさせ、
南部家の領地切取りを画策しますが、
27代当主南部利直の主力が引き返してきて、
一揆税を鎮圧して事なきを得ています。
以後、大阪の陣にも参戦し、徳川幕府との関係を深め、
本拠地の不来方に新たに総石垣の城を築城。
地名を「盛岡」と改めました。


下曲輪跡」。
盛岡城の北東側に突き出していた出丸で、
現在は商店街となっており、
先にある櫻山神社の門前町のなっています。
鳥居のあたりに「綱御門」があったようで、
その奥が虎口になっていました。
下曲輪内には勘定所が設けられ、
城下の民政が取り仕切られていた様です。


鶴ヶ池」。
下曲輪を囲む「鶴ヶ池」「亀ヶ池」と呼ばれる内堀。
奥の土累上に建てられている鐘楼は、
城下に時を知らせる鐘で、明治期に移設されたもの。


櫻山神社」。
下曲輪跡の奥にある鳩森下曲輪跡に鎮座する神社。
8代藩主南部利視によって盛岡城淡路丸に建立された社で、
初代藩主南部信直を祀ったものでした。
維新後、盛岡城が廃城となった際に城外に仮遷座し、
後に旧士族や領民によって現在の場所に移されています。
現在は家祖南部家始祖三郎光行、3代藩主利直、
11代藩主利敬も合祀され、
4柱の南部家当主を郷土守護の神として祀っています。


戊辰戦役殉難者慰霊之碑」。
盛岡藩は勤皇派の藩士の多い藩でしたが、
主席家老楢山佐渡により反新政府へと方針が決定され、
奥羽越列藩同盟に参加して久保田藩領に侵攻。
久保田藩の支城大館城を落としていますが、
佐賀藩兵弘前藩兵の参戦によって膠着状態となり、
一進一退の攻防戦が繰り広げられています。
しかし他の同盟諸藩が相次いで離脱する状況に、
国許が降伏を決定し、停戦命令を出して降伏。
楢山は敗戦の責で斬首となりました。
また、降伏後に弘前藩が野辺地に侵攻してきた為、
八戸藩、七戸藩と共にこれを撃退しています。
碑は盛岡藩の戊辰役戦死者を慰霊したもの。


史跡 盛岡城址」碑。
三ノ丸へ入る虎口前にある碑。
瓦御門」と呼ばれる櫓門があった様です。
盛岡城は度重なる中津川の氾濫などの水害により、
なかなか築城工事が進まず、
その完成には40年の歳月が掛かりました。


三ノ丸」跡。
古地図を見る限り三ノ丸に建物は無かったようで、
広場のような場所だったようです。


烏帽子岩」。
盛岡城の築城の際、
この場所は二ノ丸と同じ位の高さであった為、
地形を削って三ノ丸の高さに合わせようとしますが、
そこには土に埋もれた三角状の巨岩がありました。
そこでその岩を取り除こうと周囲の土を掘り進めるのですが、
掘っても掘ってもなかなか岩の根が出てこない。
やがて全ての土が取り除かれ、出現したのがこの岩で、
その「烏帽子」のような岩を見た3代藩主南部利直は、
この岩の出現を吉兆と慶んで、
城と藩の「守り石」としてそのまま置かれました。
パワースポットとしても知られています。


二ノ丸」跡。
政務を司る中之丸御殿が建てられていた二ノ丸跡。


石川啄木歌碑」。
明治を代表する歌人石川啄木は盛岡出身。
盛岡中学校に入学していた啄木は、学校を抜け出して、
盛岡城の二ノ丸跡で文学書、哲学書を読みふけり、
昼寝の夢を結んだとされています。
碑は啄木の生誕70年を記念して建立されたもの。
不来方のお城の草に寝ころびて
       空に吸はれし 十五の心 啄木



新渡戸稲造記念碑」。
5千円札の肖像にもなっていた新渡戸稲造も盛岡出身。
農学者であった新渡戸は、帝国大学英文科へ入学する際、
願わくはわれ 太平洋の橋とならん
という言葉を発したとされます。
日本の思想を外国に広め、
外国の思想を日本に普及したいという意味で、
太平洋の橋とならんと言ったとの事。
新渡戸は「武士道」を英文で著して、
外国に武士道を紹介しています。


渡雲橋」。
二ノ丸と本丸を繋ぐ朱色の橋
藩政時代は廊下橋であったようです。


下から見た渡雲橋。

渡雲橋を渡って本丸跡へ。

本丸」跡。
本丸には、本丸御殿が置かれていました。
藩主の政務を行う中奥と、
私的住居である大奥に分かれてたようです。


南部中尉銅像台座」。
42代当主南部利祥の銅像が建てられていた台座。
利祥は15代藩主南部利恭の長男で、
陸軍に仕官して日露戦争に従軍し、
近衛騎兵第一中隊第三小隊長として満州に渡っています。
同じく従軍していた皇族軍人竹田宮恒久王と並んで行軍中、
なにげなく両者の位置が入れ替わった際、
流弾が飛んできて利祥に当たり戦死してしまいました。
この話は竹田宮が証言した話ですが、利祥が戦死した時点では、
竹田宮はすでに帰国していたということで、
違いか記違いのどちらかなのでしょう。
後に旧盛岡藩士らの尽力によって、利祥の像が建立されましたが、
先の大戦の金属供出によって失われ、
現在は台座のみとなっています。

盛岡藩は、隣の弘前藩との不仲が知られています。
弘前藩津軽為信は、元々南部家に従属する立場でしたが、
南部宗家の後継者争いで、石川信直九戸実親が対立し、
推していた実親が敗れて信直が当主となると、
反旗を翻した勢力と見なされて討伐の対象となりました。
しかし情勢が味方して、南部宗家は為信を討つ事が出来ず、
その間にさらに勢力を拡大。
また豊臣秀吉に取り入ってその地位の確立に成功し、
本領の安堵と南部家からの正式な独立を手に入れています。
また盛岡藩と弘前藩の間には野辺地での領地紛争も起こっており、
両藩の関係は良いものではありませんでした。

盛岡藩11代藩主南部利用は、若輩のため無位無冠でしたが、
弘前藩9代藩主津軽寧親は、従四位下を与えられており、
また幕府が弘前藩の石高の高直しを行った為、
7万石から10万石となり、盛岡藩の石高を超えてしまう。
※盛岡藩は当時お家騒動によって八戸藩が独立し、
 表高は8万石となっています。

盛岡藩側は元臣下で格下と思っていた弘前藩が、
位官、石高共に格上となったことに不満を覚えていました。

盛岡藩士下斗米将真は、津軽寧親に辞官隠居を求め、
それが聞き入れられない場合は、
悔辱の怨を晴らすという脅迫状を送るが、
当然これは無視された為に、
同志と共に寧親を参勤交代途中に暗殺する事を計画。
大砲や鉄砲を用意して道中で待ち構えますが、
密告により露見した為、相馬大作と名を変えて逃亡し、
江戸で捕吏によって捕えられて獄門となりました。

この事件はその忠義から多くの者に影響を与え、
水戸藩藤田東湖は「下斗米将真伝」を著し、
吉田松陰東北遊学の際に襲撃予定現場を訪れ、
暗殺は成功していて、弘前藩はそれを隠した
という異説の真相を地元住民に訪ね、
また下斗米を称える漢詩も作っています。
松陰は後に間部詮勝の暗殺を計画していますが、
この「相馬大作事件」を参考にしたと思われます。

幕末期には、家老楢山佐渡と東政図が改革の在り方で対立。
政権は交互に入れ替わり藩政は混乱しますが、
戊辰戦争の際には楢山が列藩同盟参加で藩論をまとめ、
盛岡藩は秋田戦争に参加します。
しかし戦況の悪化によって降伏し、責任者の楢山は斬首。
戦後処理は東らが取り仕切りましたが、
白石への転封を申し渡されました。
これに盛岡士民らが反対運動を展開し、
新政府は70万両の献納を条件に中止になります。

廃藩置県後も南部家は賊軍の汚名を着せられていましたが、
後に15代藩主南部利剛の娘郁子が、
皇族である華頂宮博経親王に嫁いだ事により、
賊軍としての汚名が晴らされました。

【盛岡藩】
藩庁:盛岡城
藩主家:三戸南部家(南部宗家)
分類:20万石、外様大名(国持)

■関連記事■
青森県八戸市 八戸城跡
 同族の八戸藩南部家の居城。戊辰戦争では共に津軽勢を撃退しています。
青森県上北郡七戸町 七戸城跡①/
 盛岡藩の支藩。七戸藩南部家の藩庁。
秋田県大館市 大館城跡
 久保田藩領に侵攻した盛岡勢は、大館城を落としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。