秋田県大館市 大館城跡

久保田藩佐竹家の藩庁久保田城ですが、
大館城一国一城令の例外とされた支城で、
久保田藩の支城は他にも横手城がありました。

久保田藩佐竹家が支城を許されたのは、
その領地が広大であった事と、
関ケ原の戦い時に中立を保っていた佐竹家を、
水戸54万5800石から、
石高も定かではない出羽に移封させた為、
※後に20万5800石と確定。
ある程度の配慮がされたのだと云われます。

とにかく藩庁以外の支城の存続が認められた為、
西家と呼ばれた佐竹家の支流が入り、
所預という地方自治が行われ、城下は発展しました。


桂城公園」。
本丸跡桂城公園として整備されています。
大館城は桂城とも呼ばれており、
公園名はそこから名付けられました。


水堀」。
公園南側に残される数少ない大館城の遺構。


土塀」。
水堀に沿って土塀も残されています。
当時は本丸一円がこの様な土塀で囲われていました。


大館城跡復元図」。
本丸の大手虎口跡にある復元図。
これを見る限り水堀で囲まれていたようですが、
現存する水堀と水堀であったであろう現在の道路には、
高低差がかなりあって連結していたとは思えません。


シロヤナギ」。
本丸内は遊具が設置されています。
遺構らしきものも見当たりませんが、
一際目立つ木があります。
推定樹齢は200年ですが、
廃城後に植えられたシロヤナギで、
本丸跡地に建設された小学校で、
砂ほこりを防ぐ為に移植されたという。
つまり樹齢50年位のシロヤナギを移植して、
それが大きく育っているという事。


桂城橋」と「秋田犬会館」。
目を引く赤い橋を渡ると三ノ丸跡
秋田犬会館が建てられています。

桂城公園を出て、新町にある移築門へ。

大館城移築門」。
桂城公園を出て新町にある民家に現存する門。
大館城焼失後に焼け残った門で、どこの門かはわからない。
大きな門ではないので、大手門ではなさそうですが、
古い門のわりに民家はとても新しいお家でした。
このミスマッチが面白いですね。

久保田藩は奥羽越列藩同盟を脱退し、
盛岡藩は久保田藩に脱退を理由とした戦書を提出。
家老楢山佐渡が藩境の十二所を攻撃します。
盛岡勢は十二所や扇田などを占領し、
大館城に迫りますが、久保田勢は城下でこれを迎撃。
最初善戦するものの次第に総崩れとなり、
大館城代佐竹大和は一時篭城を決意しますが、
説得されて退却することとし、大館城に火を放ちます。

大館を占領した盛岡勢は、諸役を集めて布告を行い、
新領主南部利剛の思召により、3年間の免税を通知。
同時に背く者には九族まで罪科に処すると脅しました。
占領地には南部領の標木が建てられ、
盛岡藩は大館を支配しようと思っていたようです。

その後、久保田勢は佐賀藩の加勢を得て大館を奪還し、
盛岡勢を藩境まで退かせました。

■関連記事■
岩手県盛岡市 盛岡城跡
 盛岡藩南部家の居城跡。
秋田県大館市 相馬大作事件之地
 大館市にある相馬大作事件の現場。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。