秋田県横手市 横手城跡

久保田藩は出羽半国とはいえ広大な面積を持ち、
また常陸一国から出羽半国に減転封させた手前、
幕府久保田城の他に横手城大館城の維持を許し、
久保田藩は3つの城を持つ事になりました。

横手城一国一城令を免れた久保田藩の支城で、
久保田藩家老家戸村家が代々城代を務め、
藩領南側の防備の拠点となっています。

現在の横手城跡は横手公園として整備されており、
二ノ丸跡模擬天守が建てられています。

横手城天守」。
本来の横手城は天守の無い城でしたが、
土資料館展望台を兼ねた観光用の模擬天守が、
岡崎城をモデルとして建てられています。
東北地方の模擬天守の最初期のものですので、
建てられてから半世紀以上経っていますね、


小野寺氏彰徳碑」。
横手城は出羽の豪族小野寺家の支城として築城とされ、
後に小野寺家の居城となっています。
しかし慶長出羽合戦上杉方に付いた為に改易となり、
上杉勢と戦った最上家の所領となりますが、
最上家の改易を経て佐竹家の所領となりました。


戊辰戦死碑」。
久保田藩は奥羽越列藩同盟を脱退し、
新政府側に付いていますが、
庄内藩を主力とした同盟軍は秋田に侵攻し、
横手城を攻撃して落城させています。
この碑はこの籠城戦で戦死した21名の慰霊碑。

他にも二ノ丸跡には「表忠彰義碑」「山下九助翁之碑
伊藤源之助先生頌徳碑」などかありますが、
幕末に関係ないので割愛。


武者溜跡」。
二ノ丸と本丸を繋ぐ三ノ丸に相当する武者溜の跡。
現在は駐車場とレストハウスが建てられています。
横手の夜景を望める最適スポットとのこと。

武者溜を越えて本丸跡へ。

本丸跡」。
本丸はそれ程大きくなく、
模擬天守を二ノ丸跡に建てたのは納得。
本丸には本丸御殿が建てられてとのことですが、
この広さからすると大きな御殿ではないでしょう。


秋田神社」。
久保田藩初代藩主佐竹義宣及び、
12代藩主佐竹義堯を祀る神社で、
明治12年に本丸跡に建てられました。
社殿は本丸表門の木材が再利用されており、
被弾した弾痕が残っています。


被弾の跡。
社殿のあちこちには弾痕が残されています。

本丸を出て武者溜から牛沼へ。

牛沼」。
横手城の内堀の跡で、
太鼓橋が架かる雰囲気の良い池となっており、
ヘラブナ釣りも楽しめます。
訪問時も数人の太公望が糸を垂らしていました。

横手公園を出て城跡の西へ。

本多上野介墓(右)」、
本多出羽守墓(左)」。
徳川家康に友とまで呼ばれた宿老本多正信
その正信の嫡嗣本多正純も同様に家康の側近となり、
家康の死後も宿老として威勢を放ちました。
しかしやがてその驕りから権勢を誇り、
将軍徳川秀忠やそ側近から疎まれるようになります。
そんな中、半ば強引に自らの加増を行った為、
さらに疎まれるようになる。
秀忠は伊丹康勝高木正次を使いとし、
正純に対して11ヶ条の罪状嫌疑を突きつけますが、
これに正純は全てを明快に回答。
しかし伊丹が更に3ヶ条を突きつけると、
正純は回答出来ず、謀反の疑いで改易となります。

秀忠は領地を召し上げたうえで、
先代よりの忠勤に免じて5万石を与えようとしますが、
謀反に身に覚えのない正純はこれを固辞し、
更に秀忠の怒りを煽った為に久保田藩預かり処分となり、
横手城下に捨て扶持を与えられてここで没しました。

嫡嗣の本多正勝も父正純と同じく横手で没しますが、
幕府への遠慮から2人の墓碑は建てられず、
墓碑の建立は明治43年になってからという。

幕末の横手城代戸村十太夫義效は、
藩主名代などを務めていましたが、
白石会議に出席して奥羽越列藩同盟に調印した為、
越権行為であるとして謹慎、永蟄居処分となり、
跡を嫡嗣の戸村大学義得が継いでいます。
※実際の調印は藩主の指示でした。

同盟軍は羽州街道を北上して横手城に迫り、
庄内藩一番大隊二番大隊を主力に布陣。
使者を使わして横手城に投降を呼びかけます。
これに戸村大学は返事をせず籠城し、
同盟軍はこれ以上待てぬと攻撃を開始しました。

横手勢は僅か100名前後。
3000名を超える同盟軍の猛攻を受け、
奮戦の甲斐なく横手城は落城してますが、
戸村大学は包囲網を突破して脱出しています。
大学自身も2名を斬り倒したともされ、
横手勢21名が討死して8名が負傷し、
北へ敗走しました。

庄内藩一番大隊隊長松平甚三郎は、
21名の横手勢戦死者を集めて龍昌院に埋葬。
墓碑を建立して僧侶らに読経をあげさせています。

■関連記事■
秋田県秋田市 久保田城跡①/
 久保田藩佐竹家の居城跡。
秋田県大館市 大館城跡
 久保田藩のもうひとつの支城。
江戸の佐竹の岡部さん
 辻斬りで81人斬ったという久保田藩士の話。