秋田県秋田市 久保田城跡①

①/

久保田城久保田藩佐竹家の居城。
現在は千秋公園として整備されています。

佐竹家は常陸国54万石の大身大名でしたが、
関ケ原の戦いに不参加であったことや、
上杉家と密約を交わしていた事、
江戸近くに大兵力を温存している事から、
出羽国秋田郡への転封となりました。
石高も54万石から20万石へ大幅に削減され、
膨大な家臣団を抱えて財政難が続いていますが、
歴代藩主は新田開発殖産興業の奨励を積極的に行い、
なんとか財政難を打開しようと努力し、
その度に飢饉などが発生して打撃を受けています。


久保田城跡」碑と「中堀(穴門の堀)」。
中土橋門のあった場所で、千秋公園の正面入り口。
大手門跡かな?思ったら大手門跡はもっと東側です。
近代的な建物と城跡のシュールな感じは、
嫌いではないですね。

中土橋跡より登ると内堀も残っています。

内堀(南側)」。
本丸二ノ丸を囲っていた内堀は、
南側と東側に残っています。

松下門跡の坂を登って二ノ丸へ。

二ノ丸跡」。
公園広場となっている二ノ丸跡。
藩政時代も御殿などが建てられていたわけではなく、
広場だったようです。

長坂と呼ばれる石段を登って本丸へ。

一ノ門(表門)」。
復元された二階櫓門。
久保田城は石垣が用いられていない土塀の城なので、
渡櫓門のような形式ではなく楼門形式です。


御物頭御番所」。
一ノ門の手前には門を守る御物頭が詰めた番所が残る。
久保田城唯一の現存建造物
考えたら門の前にはこういう番所が必ずあったわけで、
番所があるのと無いのでは雰囲気が変わります。
意外と盲点ですが他の城の城門を復元する場合、
是非ともとういう番所も一緒に復元して欲しいですね。


本丸跡」。
久保田城は本丸に御殿があるタイプの城。
二ノ丸よりも本丸が広く、
それほど登るのにも不便ではありません。


八幡秋田神社」。
本丸内に鎮座する佐竹家の氏神
佐竹家が秋田転封の際に八幡神社常陸より遷座し、
三ノ丸八幡山で祀られていたもので、
明治32年に本丸に移されました。
その後の明治40年に初代佐竹義宣、9代佐竹義和
12代佐竹義堯を祀る秋田神社を合併し、
八幡秋田神社と改称しています。

この八幡秋田神社の周辺には石碑が点在していますが、
幕末維新関連の史跡はあまりありません。

勤斎渡部先生記念之碑」。
隣接する与次郎稲荷神社の連なる鳥居の途中にある碑。
久保田藩最後の儒者のひとりだとされますが、
詳細はよくわかりません。
門人によって建てられた碑との事。


澁江政光君三百年祭記念碑」。
渋江正光は佐竹家の秋田転封時の家老で、
梶原政景と共に久保田城の縄張を担当。
渋江田法」と呼ばれる農業政策で功を挙げ、
領内の林業政策も従事しています。
渋江家は藩内最多の8人の家老を輩出し、
幕末期の当主渋江厚光は勤皇思想を持っており、
藩の奥羽越列藩同盟の加入に反対。
仙台藩からの使者を暗殺して藩是をまとめ、
庄内藩追討軍の総大将にもなりました。

つづく。
①/

■関連記事■
江戸の佐竹の岡部さん
 辻斬りだった久保田藩士の話。与太話の可能性が高い。
秋田県秋田市 天徳寺(久保田藩佐竹家墓所)
 久保田藩佐竹家の菩提寺。一般公開はされていません。
秋田県秋田市 平田篤胤墓所
 幕末の志士達に多大な影響を与えた平田篤胤の墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。