秋田県秋田市 久保田城跡②

/②

つづき。

本丸中央には最後の藩主佐竹義堯の像が建てられています。

佐竹義堯公銅像」。
最後の久保田藩主12代佐竹義堯の銅像。
相馬中村藩藩主相馬益胤の三男として生まれ、
久保田新田藩藩主佐竹義純の養嫡子となって家督を相続。
安政4年に宗家の11代藩主佐竹義睦が死去した為、
末期養子として12代藩主となりました。
※新田藩主は実弟の佐竹義諶が相続。
慢性的な財政難にあえぐ藩財政を鑑み、
自ら率先して質素倹約に努めたという。
平田篤胤の影響から藩内では勤皇思想を持つものが多く、
その指導者である吉川忠行忠安親子の意見を容れ、
新政府に恭順して秋田戦争に突入。
新政府軍の援軍を得てかろうじて勝利しました。
面白い逸話としては3人目の正室を娶る際、
篠山藩藩主青山忠良の姫と見合って惚れ込み、
早速これを正室とすることを決めましたが、
嫁いできた姫は見合った姫とは別人の醜女だったという。
どういうことかと忠良に問い合わせると、
娘が醜く縁組がなかなか決まらないので、
替え玉として美女を立てたとわかった。
既に縁組を終えており仕方なくこれを正室としますが、
理由をつけてすぐに離縁したとのこと。
この話は幕末百話の話で信憑性があるかはわかりません。
明治17年、死去。


本丸内には小川が流れており結構な水量がありました。
辿ってみるとなんとが!
元をたどるとどうもポンプっぽいです。
湧き水とか期待したんですけど違いました。


御隅櫓」。
久保田城のシンボルである御隅櫓
立派な天守のようですが実際に建てられていたのは、
二階櫓だったようです。

裏門跡から本丸を出て再び二ノ丸へ。

裏門跡からの二ノ丸の胡月池
数々の城跡を公園化した長岡安平が築造した池。


狩野旭峰翁頌徳碑」。
大館城城代狩野良知の実弟狩野旭峰の碑。
兄と共に佐竹西家に仕え、江戸に出て塩谷宕陰を師事。
その他、古賀謹一郎藤森弘庵田口江村らに学び、
久保田藩江戸藩邸の学問所日知館教授を務めています。
明治7年に遐邇新聞編集長となり、
以降は秋田や山形のシャーナリズムに関わりました。
明治27年、私塾酔経学舎の初代学長に就任。
文芸誌「棣華」や「先憂文編」を刊行しています。
大正14年、死去。

二ノ丸の奥(北側)へ。

彌高神社」。
平田篤胤および佐藤信淵を祀る神社。
明治14年に日吉神社境内に篤胤を祀る平田神社が創建。
明治42年に八幡神社旧社殿に改修して佐藤信淵を合祀し、
社名を彌高神社と改めています。
大正5年に現在地に遷座して現在に至ります。

久保田藩は前記したように新政府側についていますが、
はじめから藩論は定まっていませんでしたが、
奥羽鎮撫総督九条道孝、福総督澤為量が領内へ到着し、
それに伴い新政府軍も久保田領内へ入ってきます。
勢いづいた藩内勤皇派は仙台藩の使者を殺害。
藩主義堯も新政府軍に組する事を決意しました。
秋田戦争で盛岡藩庄内藩の猛攻を受け、
領内の多くは戦火に包まれましたが、
新政府軍の援軍を得て勝利しています。
しかしながら多大な犠牲を払って得られたのは、
新政府からの賞典禄2万両のみでした。

【久保田藩】
藩庁:久保田城
藩主家:佐竹家
分類:20万石、外様大名(国持大名)

/②

■関連記事■
江戸の佐竹の岡部さん
 辻斬りだった久保田藩士の話。与太話の可能性が高い。
秋田県秋田市 天徳寺(久保田藩佐竹家墓所)
 久保田藩佐竹家の菩提寺。一般公開はされていません。
秋田県秋田市 平田篤胤墓所
 幕末の志士達に多大な影響を与えた平田篤胤の墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。