秋田県秋田市 平田篤胤墓所

当たり前なのですが幕末の動乱というものは、
教科書のように黒船か来て尊皇攘夷運動が起こり、
討幕運動を経て大政奉還となり、
戊辰戦争を経て明治維新が成ったという、
至って単純なものではありません。

色々な要素が合わさって科学反応を起こし、
それが大爆発を起こしたのが幕末なわけで、
ペリーが来たから明治が成ったなんて単純なものではない。
外威ももちろんですが物価の高騰コレラ流行天災
幕政の失敗各藩の思惑
そして国学からの皇国史観国粋主義などにより、
尊皇攘夷運動に繋がるわけです。

その国学とは儒教による江戸時代の学問を否定し、
日本古来の文化・思想、精神世界を復興させようという学問で、
万葉集」などの研究により発展しました。
そして本居宣長の「古事記」「源氏物語」等の研究を経て、
国学は大成の域に達します。

平田篤胤久保田藩藩士大和田祚胤の四男でしたが、
脱藩して江戸に出るまでの事についてははっきりせず、
不遇な少年時代であったという事だけ知られています。
20歳で今まで貯めた500文を手に江戸へ。
この辺は現在の田舎の少年が東京に出る感覚と同じでしょう。
江戸で車引き飯炊き三助火消しなどで生計を立て、
諸学を学んでいたという。その後は旗本奉公人となり、
その縁で備中松山藩の山鹿流兵学者平田篤穏の養子となり、
沼津藩藩士石橋常房の娘織瀬を娶りました。

その後、本居宣長の著作を読んで国学に目覚め、
宣長の長男本居春庭に入門します。
※篤胤は夢の中で宣長より入門を許可されたと言っていたという。
以後、国学の研究に没頭し著書も次々と発表。
私塾真菅乃屋を開いて門人を増やしました。
妻を亡くした事をきっかけに死後の世界について興味を持ち、
幽界研究を行った他、晩年は暦日易学に傾倒。
真菅乃屋を気吹舎と改めてさらに門人を増しますが、
幕府の暦制を批判した「天朝無窮暦」を出版した事により、
著述差し止めと江戸追放を命じられています。
久保田藩に復帰した篤胤は、城下でも国学を教え、
江戸への帰還運動も行っていますが、
天保14年に病没。正洞院に葬られました。


平田篤胤墓所」。
正洞院は謎の自害を遂げた正室の菩提を弔う為、
初代藩主佐竹義宣が江戸と秋田に建立した寺院。
秋田の正洞院は維新後に廃寺となり、
篤胤の墓所はその跡地に残っています。
※義宣の正室正洞院の墓も跡地にあります。
現在の秋田大学の裏手(西側)に位置していますが、
学問の神様である篤胤の墓所がある地が学び舎である事は、
学生達にとっても悪い事ではないでしょう。


平田篤胤之奥墓」。
篤胤の遺言により衣冠束帯の姿で葬られたとされ、
墓石は本居宣長の墓のある松坂の方角を向いているという。
ちなみに篤胤は晩年の秋田で人魚の骨を手に入れ、
それを削って飲んだという逸話があります。
人魚の肉は不老不死の妙薬とされていますが、
骨では不老不死とはなりませんでした。


平田大人 室石橋氏 後室山崎氏 招魂碣」。
篤胤の墓の後方にある前妻後妻の招魂墓。
前妻の石橋織瀬とは恋愛結婚であったようで、
彼女の死の悲しみから霊界研究を始めたという。
後妻は門人山崎篤利の養女で、
篤胤は彼女にも織瀬と名乗らせたようです。


平田大人略傳」。
こちらも後方に建てられている略伝碑。
篤胤の略伝が刻まれているようですが読めません。

少し離れた場所に二つの墓碑があります。

野崎大内蔵徳壽之墓」。
草生して隠れかけた野崎大内蔵の墓。
野崎大内蔵は三島郡寺泊(新潟県)の聖徳寺住職で、
京都に赴いて奥羽征討軍に加わり、
桂太郎隊に属して羽後角間川にて戦死。
桂の隊は非常に高い死傷率であったようで、
世田谷松陰神社には隊の招魂碑が建てられています。
篤胤との関係は不明。


小谷部甚左衛門吉順之墓
 妻小谷部ヤス之墓
 後妻小谷部フチ之墓
」。
小谷部甚左衛門は篤胤の門人で、
篤胤死後に平田神社の創建に尽力した人物です。

篤胤の国学は「平田派国学」として復古神道を大成し、
水戸学」と共に尊王攘夷思想に大きく関わりましたが、
維新後の世は平田派国学が求める世界とは違いました。
とはいえその思想は維新の大きく関わっており、
平田派国学者らは神仏分離神道国教化を推進。
間違った解釈が廃仏毀釈運動を生み、
多くの寺院が廃寺する事になっています。
皮肉にも篤胤の眠る正洞院も廃寺となっており、
墓所は何もない山麓となっていました。

■関連記事■
秋田県秋田市 久保田城跡①/
 久保田藩は篤胤の影響から勤皇派が多かったとされます。
岡山県高梁市 備中松山城①/
 篤胤は備中松山藩籍でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。