江戸の佐竹の岡部さん

時代劇では辻斬りがやたらあって、
とても夜道を歩けるようなものではない。
まあTVの時代劇ってのは、今で言う刑事モノですので、
事件がないと始まらない。
名探偵コナン」の世界では、
コナンの行く先々で殺人事件が発生する。
なんでも4~500人の被害者があって、
全てコナンの周りで起こっている。
なんとも恐ろしい世界ですが、
他の刑事モノや時代劇も似たようなもの。
視聴者もドラマだってわかって観てるのですが、
時代劇だけ昔の話なので、そんなものかなと勘違いします。
特に辻斬りって無差別に襲われるので怖いですよね。

幕末期を生きたの古老などに、
聞き取りを行った回顧談集「幕末百話」には、
江戸の佐竹の岡部さん」という話が載っています。

佐竹候の家来で百石取の岡部菊外という人物は、
生涯に81人斬ったという。
人を斬るのが飯より好きで、
新刀は7人斬らないと切れ味がわからないと言ったという。
最後は按摩を斬った際に呪いの言葉を聞き、
その声が忘れられずに病気になって死んだとの事。

81人斬りって、新撰組の隊士より多いんじゃないですか?
それで捕まらず・・相当周到だったのか?はたまた達人か?
なんだか嘘臭いなあ・・・。
・・・で秋田市の佐竹史料館に問い合わせてみると、
幕末の江戸在勤の久保田藩士で岡部姓は以下の3人との事。

岡部市之助岡部菊涯岡部丈右衛門

どう考えても2番目の岡部菊涯の事ですよね。
でもこの人は儒者で、詩人俳人でもあった人物。
菊涯葛原詩話遺考」「随手抄存」「清新詩題」など、
多くの著書を残している文人です。
とても辻斬りするような人物とは思えません。

「幕末百話」は匿名で話していますので、
与太話かもしれません。
が、実際に久保田藩士(佐竹候家臣)に、
岡部菊涯(外)という人物は実在しており、
話の中の久保田藩の中屋敷の場所も正確に語っています。
つまり岡部菊涯(外)という人物を知っていた人が、
語った話という事は確かです。
※知っていたといっても実際に会った事があるかは別。

推測すると以下が考えられます。
①岡部菊涯の知人が、恨みがあって作り話をした。
②岡部に恨みがある人物の作り話を聞いた。
③岡部の名をうる覚えで、デマカセで作り話をした。
④別の人物の話を勘違いして、岡部の話としてしまった。
⑤デマカセで語ったらホントに岡部菊涯という人物がいた。
⑥文人の顔は表の顔で、実は夜な夜な辻斬りをしていた。

「幕末百話」は明治35年に報知新聞に連載されたもの。
岡部菊涯は天保期の人物ですので、
会ったことのある人物でも、岡部と同世代とは考え辛い。
ということで①は可能性として低いでしょう。
デマカセで菊外なんで名が出るとは思えないので、
⑤もありえないでしょう。
ということで、②か③か④ってとこでしょうか?

まさか⑥ってことはないでしょう。

■関連記事■
大坂城開城と地雷火の爆発
 こちらも「幕末百話」の話。
江戸から来た金さんの作った亀の甲せんべい
 幕末から作られた下関の名菓。
秋田県大館市 大館城跡
 一国一城令の例外である久保田藩の支城。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。