大坂城開城と地雷火の爆発

江戸城無血開城っていうけれど、
徳川慶喜が敵前逃亡した大坂城の場合、
無血開城っていいませんよね。

慶喜の逃亡を知った旧幕府軍は、
大坂城から退去したわけですが、
血が流れなかったかといえばそうでない。
大坂城退去の際、放火して自刃した旧幕軍兵がいたようで、
その遺体は大坂城外に葬られて現在も碑が残っています。
(記事はこちら

まあそうして大阪城は開城されたわけですが、
新政府軍は入城せずに大坂城を取り囲んだまま。
そして大坂城下に城内見物勝手の触れが出されます。
庶民はこぞって大坂城に詰めかけました。
城内には旧幕軍が残した夜具葛篭衣装葛篭などがあり、
庶民らはわれ先にと分捕って、城外に持ち出していましたが、
新政府軍は何も咎めようとしません。
この事が評判になって、
2日目には初日以上の見物人が詰めかけました。

・・・が、城内が見物人であふれかえった頃、
突如として爆発を起こり、見物人が黒焦げとなったという。
旧幕府軍が仕掛けた地雷火に引っ掛かったのでした。
それから城内の立ち入りが禁止となりました。

市中の人々は、新政府軍が地雷火の瀬踏を、
見物勝手と称してさせたと噂しました。
追って城内から持ち帰った品々を届け出ろと沙汰があり、
届け出ない者は厳罰に処すとの事。
人々は震え上がって、
城内から持ち出したものを返したのだそうです。

そういうわけで、結構血が流れた大坂城開城ですが、
新政府軍が庶民に地雷火の瀬踏をさせたのかどうかは、
政府側の資料にありませんのでわかりません。
ですが、状況的にとても出来過ぎた話。
現場指揮官レベルでそういう策を用いた可能性はありますね。
もしそうなら酷いことをするものです。

■関連記事■
大阪市中央区 大坂城跡
 舞台となった幕府直轄の城。徳川慶喜が敵前逃亡して旧幕軍は大混乱。
東京都千代田区 江戸城本丸(皇居東御苑)
 徳川幕府の本拠地。無血開城によって戦火を免れました。
京都府京都市 二条城
 京都の幕府本拠地。徳川慶喜による大政奉還の諮問が行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。