青森県八戸市 八戸城跡

青森県は本州の最北端です。
そして僕の住む山口県下関市は本州の最西端
仕事でですが端から端へやってきました青森県!
やっぱり寒いですねぇ。

今回は八戸藩の藩庁であった八戸城を訪問しました。
八戸藩は八戸南部家の治める2万石の外様藩で、
盛岡藩の支藩と思われがちですが独立した藩です。
盛岡藩3代藩主南部重直が後嗣無く死去した為、
幕府の裁定によって遺領10万石を、
重直の2人弟七戸重信中里直好に分割し
重信に8万石で盛岡藩主を継がせ、
直好に2万石を与えて八戸藩を立藩させました。

中里直好は南部直房と改名し、八戸藩の藩主となりまが、
分割して設立した性質上、盛岡藩側としては快く思われず、
1代2代藩主の死去の際は、盛岡による暗殺の噂が流れました。
幕府にも暗殺の噂が広まり、幕府の調査などが行われ、
その幕府の嫌疑を晴らすために、
盛岡藩側も八戸藩を独立した藩と認めています。


八戸城跡」。
現在は「三八城公園」として整備されています。


三八城神社」。
三八城公園内にある神社。
八戸藩初代藩主南部直房を主祀神とし、
甲斐源氏祖新羅三郎義光、南部家祖南部光行を祀ります。
三八城は「戸郡」という意味らしい。


三八城公園」。
八戸城の本丸であった場所は公園となっています。


八戸城本丸跡」碑。
三八城公園の入口をはいってすぐ右側にあります。


八戸藩初代南部直房公」像。
公園中央に小高くなっている場所があり、
そこに初代藩主南部直房の銅像があります。
この小高い場所は天守台のようですが、
公園の整備で造られたものらしい。
八戸城には天守や櫓は存在していなかったそうで、
御殿や土蔵があるだけの陣屋規模だったようです。
八戸城と呼ばれるのは、八戸藩主が城主格に昇進したためで、
その後、城郭化するために天守などの建造計画もありました。


「八戸城跡碑」。
こちらも先ほどの小高い場所にある碑。
八戸藩の歴史について刻まれているのですが、
傍らには碑の要旨の説明板が建てられており、
内容について読むことができます。


角御殿表門」。
南部会館という集会施設の門となっている棟門で、
二之丸にあった角御殿という藩主の住まいの表門です。
ほとんど面影が無い八戸城に残された数少ない建築物。

ちょっと八戸城から離れて根城という城へ。

史跡 根城跡」。
根城は根城南部家(八戸家)の居城で、
南部藩成立後に領地替えで遠野に移されるまで、
300年間八戸の中心であった場所。
中世の城跡を思わせる雰囲気を味わえます。

ここに八戸城の東門が移築されています。

八戸城東門」。
なんでも安政4年の台風で、
八戸城にあったこの門が倒れてしまい、
それが家臣の木幡家に払い下げられ、
木幡家の門として建て替えられそうです。
その門をここに移築したという事ですが、
伝承によれば元々は根城にあったものらしい。


南部師行公」像。
南部師行鎌倉時代後期~南北朝時代の武将。
根城を築城し北畠顕家に従って奥州の鎮圧に貢献。
南北朝が争った際も顕家に従い、
石津の戦いで顕家と共に討死しました。
この師行の系譜は後に八戸姓を名乗っており、
遠野へ移封れてからも盛岡藩家老八戸家として存続。
江戸時代後期の文政元年に南部姓を許されていますが、
この系譜と八戸藩南部家は直接の関係はありません。

戊辰戦争での八戸藩は、
奥羽越列藩同盟から脱退した弘前藩の攻撃を危惧し、
盛岡藩兵と共に領境に兵を配備していましたが、
列藩同盟の盟主であった仙台藩が降伏たことにより、
盛岡藩と共に新政府軍に降伏しました。
しかし、降伏が受理された次の日、
突如として弘前藩が盛岡領の野辺地馬門村に進行。
野辺地戦争が起こりますが、盛岡・八戸連合軍は、
日の出の光を背にして弘前藩を撃退。
新政府軍の判断により、野辺地戦争は私闘とされています。
※2020/07/19写真差し替え。一部記事追加。

【八戸藩】
藩庁:八戸城
藩主家:八戸南部家
分類:2万石、外様大名

■関連記事■
岩手県盛岡市 盛岡城跡
 宗家盛岡藩の藩庁。
青森県上北郡野辺地町 野辺地戦争関連史跡
 野辺地戦争は南部家と津軽家の最後の戦い。
青森県上北郡野辺地町 藩境塚
盛岡藩と黒石藩の藩境。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。