青森県上北郡野辺地町 野辺地戦争関連史跡

盛岡藩領内に侵攻した弘前藩黒石藩兵は、
馬門村に進入すると次々に放火を開始。
民家64戸と遍照寺が焼失してしまいます。
この馬門にあった番所も焼失し、
虚を突かれた役人及び守備兵は、野辺地へ逃走しました。


馬門御番所跡」。
藩境を越えるには、この番所で手形を見せて許可を得た後、
2km先の藩境塚(記事はこちら)を通らねばなりません。
弘前・黒石藩兵は藩境塚を越えてこの番所に到着。
放火によってこの番所を焼失させています。
村を焼き尽くす炎は、弘前・石黒藩兵の侵攻を遮った為、
大回りをして野辺地に向かわねばならない程だったとか。

戦後、弘前藩より2名の使者が馬門を訪れ、
村を焼失させたのは本意ではなく、家を失った村人が気の毒だと、
弘前藩より民家64戸、寺院1軒への賠償と物資提供を提案。
しかし代表で応対した庄屋川村六次郎は、
他所で同様に放火した盛岡藩の後難となる恐れがあると断り、
その対応は評判となったそうです。

馬門への侵攻の報告を聞いた野辺地守備隊総督栃内与兵衛は、
既に新政府への降伏が受理された中での応戦を嫌い、
兵を後方へ引かせて様子を伺います。
その隙に弘前・黒石藩兵は、野辺地川まで侵攻。
ここに至って応戦やむなしとして、
八戸七戸笹舘の各小隊が応戦し、銃撃戦が開始されました。


野辺地橋」。
弘前・黒石藩兵は、この橋を渡って押し出しますが、
ちょうど日の出の時刻となり、逆光を受けて視界が遮られ、
盛岡勢の各小隊の銃撃を受けて混乱状態となりました。
たまらず弘前・黒石藩兵は退却を開始しますが、
甚大な被害を受けています。

一方、弘前・黒石藩の別働隊は、
山間部を通って観音林から野辺地川対岸の代官所を砲撃。
これに代官所付近の高台に設置された大砲が応戦し、
ここも逆光によって弘前・黒石勢が不利となり、
南北から渡河した盛岡勢に挟み撃ちにあって混乱し、
司令士小島左近が討死するなどの被害を受けて撤退しました。


野辺地代官所跡」。
室町時代以前に築城された野辺地城のあった場所で、
一国一城令で廃城とされた後も、
要塞陣屋として代官所が置かれています。
野辺地は北前船の寄港地であり、
尾去沢鉱山の銅の搬出港でもあり、
奥州街道の宿場町でもあり、
下北半島への玄関口でもあり、
なにより犬猿の仲である津軽領に隣接する場所でもあった為、
盛岡藩の最重要地点として、要塞の機能を持っていました。
現在は図書館歴史民俗資料館公民館となっています。

戦いは弘前・黒石藩兵の敗北によって終了しましたが、
失礼ながら津軽勢の攻め方は、なんともお粗末な内容。
南部家からの独立檜山騒動表高や官位の逆転など、
盛岡藩は政治的してやられる事が多かったようですが、
秋田戦争にしろ、この野辺地戦争にしろ、
においては、どうも盛岡藩が優勢だったようですね。

この野辺地の他にも、弘前藩は盛岡藩降伏後に、
盛岡藩領の濁川を焼き討ちしています。

■関連記事■
岩手県盛岡市 盛岡城跡
 盛岡藩南部家の居城跡。
青森県八戸市 八戸城跡
 盛岡藩兵と共に野辺地を守った八戸藩の居城跡。
青森県上北郡七戸町 七戸城跡①/
 盛岡藩兵と共に野辺地を守った七戸藩の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。