青森県上北郡七戸町 七戸城跡②

前回のつづき。
/②


七戸城東門」。
七戸城の東門は、文献に残された記録をもとに、
平成20年に復元されたもの。
本城と呼ばれる本丸二ノ丸と、
貝の口と呼ばれる郭の谷間にあります。
訪問時は門が閉まっていました。
仕方なく脇から入って中へ・・・。


菖蒲園(のハズです・・・)」。
東門を抜けた先は菖蒲園らしいのですが、
雪でなにがなんだかわかりません。
こんなこともあろうかと用意しておいた長靴を履き、
道なき道を進みます。
たまにズボっとヒザまで埋まったりしますが、
気にせず歩いて姫塚のある場所へ・・・。


姫塚」。
かつての七戸城主七戸家国の娘稲姫が、
葬られたとされる場所。
稲姫の護衛に選ばれたのは、辰之丞という若者。
身分は低いが剣に優れ、学問もでき、
見事な竜笛を吹きました。
稲姫の護衛となった辰之丞は、
度々竜笛を姫に聞かせて慰め、
いつしか互いに惹かれあうようになる。
父家国は主家の南部家と戦う事を決意し、
周辺豪族の取り込みを開始。
そんな中で豪族の向坂某が稲姫を見初め、
家国に縁談を持ちかけます。
向坂の勢力を手に入れるため家国は縁談を了承し、
すくに祝言が執り行われる事となりました。
しかし稲姫と辰之丞は夫婦となることを誓い合っており、
二人は駆け落ちを企てます。
しかしこの事が家国の耳に入り、家国は辰之丞を誅殺。
辰之丞が死んだことを知った稲姫は嘆き悲しみ、
白装束を纏って毒をあおって辰之丞のあとを追います。
姫の亡骸は城の片隅のこの場所に葬られますが、
雨や風の激しい夜には、美しい姫の霊が現れたという。

ここから二ノ丸へ登れるのですが、
先ほどすでに行っているので、姫塚の後方から水掘へ。


水堀」。
本城と北館の間の水堀。
水堀はここから柏葉公園入口まで残っています。


北館跡」。
雪で覆われています。たぶん更地でしょう。

七戸城は、本丸、二ノ丸、北館、角館、西館、下館、
宝泉館、貝の口等の郭で分けられていますが、
それぞれがどのような役割があったのか、
説明されているものがありません。
その広い敷地にどういう役割があったのでしょうか?

江戸期の七戸代官所時代に関していえば、
本丸・二ノ丸のみが使用されたようですが、
正式に七戸藩藩庁となってからは改修されたのか?
それとも代官所そのままを使用したのか?
たぶん後者だと思われますが、
他の郭の敷地はどうしていたのでしょうか?

さて、これにて七戸城跡の訪問は終えて、
七戸城の本丸御門が移築されているという青岸寺へ。

青岸寺山門(七戸城本丸移築門)」。
本丸より移築された門で、
かつては二層の楼門で上層には梵鐘を吊り、
両脇には袖門があり仁王像が置かれていたようですが、
大正末期に腐朽が著しかった為、
上層部と袖門を取り去り、現在の形に整えられたとの事。

時間の関係で山門だけ写真を撮って帰ってしまいましたが、
この寺には旧会津藩士らが建立した、
招戦没諸士之魂碑があったようです。
リサーチ不足でした・・・。

七戸で藩政を行うことになった七戸藩でしたが、
明治3年に領内で大規模な百姓一揆が発生しています。
財政難の藩は主要農産物である大豆を買い上げますが、
その支払いは大坂に出荷して売れた後の支払うとしました。
明治元年、2年と領内で凶作が続きますが、
農民達は凶作時には、大豆で飢えを凌いでいましたが、
藩が強制的に大豆を買い上げた為にそれも出来ず、
家畜の牛馬を殺して食わなければならなくなります。
しかし、藩の買い上げた大豆の支払いは滞り、
農民達の怒りは爆発。
数百~2000人の農民が七戸藩庁へ押し寄せ、
10ヶ条の要求を藩に提示し、藩はこの要求に答えました。

同じく支藩であった八戸藩でも、
同様に領民から大豆の買い上げを行っていますが、
買い上げた代金は即金で支払っていましたので、
これを聞いていた七戸領民達は買い上げの時点で、
相当の不満だったと思われます。
それほど藩財政が困窮したいたのでしょう。
七戸藩は、明治4年の廃藩置県七戸県となった同年に、
弘前県に吸収されています。

【盛岡新田藩→七戸藩】
藩庁:七戸陣屋
藩主家:麹町南部家(七戸南部家)
分類:1万1000石、外様大名(盛岡藩支藩)

/②

■関連記事■
岩手県盛岡市 盛岡城跡
 宗家の盛岡藩南部家の居城跡。
青森県八戸市 八戸城跡
 同族の八戸藩南部家の居城跡。
青森県上北郡野辺地町 野辺地戦争関連史跡
 盛岡藩、八戸藩と共に、七戸藩も津軽勢を撃退しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。