青森県八戸市 南宗寺墓地(八戸南部家墓所)

盛岡藩3代藩主南部重直が継子なく死去した為、
幕府はその所領10万石を2万石減封し、
重直の弟七戸重信に盛岡藩主を継がせ、
厳封した2万石を同じく弟の中里直好に与えます。
これが八戸藩南部家のはじまり。

盛岡藩は重直に実子が居なかった事により、
家中は後継者争いで割れて混乱していたらしい。
この状況を憂いた重直は嫡子を自ら選定せず、
4代将軍徳川家綱に後継者の選定を頼んでいたようです。
基本的には世嗣断絶は改易処分もありえますが、
南部家は鎌倉より続く名門である事と、
先手を打って選定に頼んだ事が幸いし、
2万石の厳封で七戸重信に相続させるという裁定に至る。

ただ、何故中里直好に2万石与えて立藩させたのか?
色々と推測できますが、世嗣断絶は改易になりかねない事情で、
そのまま弟の七戸重信に継がせるのは幕法の破壊に繋がります。
そこで2万石を厳封して継がせるという判断をしたのでは?
とはいえ、その2万石をどうするかという段階になって、
天領としたり他の大名に与えるなどしては色々面倒なので、
南部家の人間に継がせるべきだということで、
重直と重信の弟である中里直好に白羽の矢が立ったのでは?
そんな幕府の都合(推測ですが・・)で立藩した八戸藩。

中里直好は2万石で八戸藩を立藩し、南部直房と名を改めます。
幕府としては最良の采配をしたと考えたのでしょうが、
これがなかなか厄介でして、
幕府より直接所領を与えられたということは、
幕府の直参となるわけです。
つまり藩主の弟とはいえ盛岡藩士(家来)であった人物が、
盛岡藩と同格の藩を作っちゃったって事。
高級藩士には家来がいる訳ですが、それは藩からすれば陪臣で、
ひとつ下に見られていたわけですが、
そんな連中が同等になったわけです。
これには盛岡藩士は良く思わないでしょう。
八戸藩の藩主を亡きものにして世嗣断絶させて、
再び八戸を盛岡藩のものにしようとする考えもあったはず。
で、八戸藩の初代、2代の死因が不自然であった為、
暗殺ではないかと噂が立つわけです。

幕府にもその噂が伝わり調査が行われます。
結局、証拠は見つからなかったのですが、
盛岡藩としてもそのような嫌疑がかけられると、
今度こそ改易にもなりかねないと、
わざわざ「盛岡藩と八戸藩は対等」と表明します。
そんな確執も時間が解決してくれたようで、
お隣同志、宗家・別家の関係、共通の津軽という敵、
色々な要素からゆるやかな上下関係となった模様。
幕末には野辺地戦争を共に戦うなどしています。
さて、そんな八戸南部家の墓所は、
南宗寺東側の長者山中腹にあります。


八戸南部家墓所」。
南宗寺は八戸南部家の菩提寺として建立された寺。
今回は時間が無かったのと、
歩いて行った先が目的の墓所だったので、
南宗寺境内には行っていません。


歴代藩主の郭は、同型の五輪塔が整然と並んでいます。


従四位源朝臣南部信順之墓」。
同型の五輪塔が並ぶ中、
突状方柱型の墓石が目を引きますが、
これが幕末の藩主で10代南部信順の墓です。
この人は薩摩藩からの婿養子です。
薩摩藩8代藩主島津重豪は14男12女と子に恵まれ、
成人した男子は他藩の養子に出されてます。
ただし、めでたく藩主となれたのは、
嫡男の島津斉宣と次男奥平昌高(中津藩)、
13男の黒田長溥(福岡藩)と、
この南部信順の4人のみ。
他は早逝したり廃嫡されたりしています。

信順は実兄の黒田長溥と共に、
島津斉彬の薩摩藩主擁立に尽力しました。
戊辰戦争では、実家が薩摩藩であったことから、
列藩同盟に疑いを掛けられますが、
末期まで恭順することなく、
しかも兵を消耗することなく終えます(野辺地除く)。
もちろん小藩でしかも立地的な問題もあるでしょうが、
戦時の立ち回りとしては秀第点でしょう。
※2020/07/19画像差し替え。

■関連記事■
青森県八戸市 八戸城跡
 八戸藩南部家の居城。
青森県上北郡野辺地町 野辺地戦争関連史跡
 盛岡藩と八戸藩が、弘前藩と黒石藩を撃退。
青森県上北郡七戸町 七戸城跡①
 七戸藩は盛岡藩の支藩。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。