青森県上北郡野辺地町 藩境塚

南部家鎌倉時代から続く名門で、戦国時代の最盛期には、
現在の岩手県中部・北部と青森県全域を掌握していました。

しかしその一族である大浦為信は、反旗を翻して独立を図り、
中央の豊臣政権に対する工作が功を奏し、
津軽氏を名乗って独立大名として認められています。
関ヶ原の戦い後は、双方とも所領を安堵され、
盛岡藩弘前藩として江戸時代を通じて存在するわけですが、
そういう経緯もあって両藩は犬猿の仲でした。

藩境では、ヒノキ伐採で境を越えた越えないの紛争が起こり、
幕府の裁定を仰ぐ事になって、周到に準備した弘前藩に対し、
盛岡藩は良い対応が出来ず、弘前藩に有利な判定が下っています。

江戸時代後期の文政3年には、
南部利用が14代盛岡藩主となりますが、
若干14歳であった為に無位無官の状態でしたが、
弘前藩9代藩主津軽寧親北方警備の功績が認められ、
従四位下に叙任されたうえに高直しが行われ、
弘前藩は10万石となって盛岡藩の8万石を超えてしまいます。

納得できない盛岡藩士下斗米秀之進らは、
寧親に辞官と隠居を求める書状を送りますが、
当然弘前藩側は無視。
下斗米らは参勤交代から帰国する寧親を襲撃しようとしますが、
密告によって計画は弘前藩の耳に入り、
寧親の大名行列は別ルートを通って無事に帰国します。
下斗米は相馬大作を名乗って江戸に潜伏しますが、
捕らえられて処刑されました
※相馬大作事件。

このように南部家と津軽家の仲は悪かったわけですが、
その両藩の藩境跡が野辺地にあります。


馬門御番所」。
奥の建物はトイレです(笑)。
実際の番所は藩境から1km離れた場所にありました。
番所に掲げられていた高札には、
 武具や金属、紅花や紫根や黄連などの薬草、
 漆や蝋や油、綿や麻やからむしなどの布、
 箔椀や木製品、火薬類、人や馬などは、
 持ち出す事を禁じる
という趣旨の事が書かれていました。
つまり殆ど全部がダメって事ですね。


藩境塚」。
訪問時は3月でしたのでが残っていました。
藩境に造られた4基の塚で、
藩境の二本又川を挟み2基ずつあります。
津軽(黒石藩)領に行く為には、番所で許可を得た後、
この藩境塚を通って藩境を越え、
さらに津軽側の番所の許可が必要でした。


二本又川を挟んで左が津軽領、右が南部領。
こんな小さな川で隔てられていたんですね。


4つの塚のうちのひとつ。
土を盛っただけのもののようですが、
どういう意味があるのでしょう?
双方に2基ずつという事に意味がありそうですが、
よくわかっていないようですね。

このような厳重な状態であった藩境でしたが、
戊辰戦争の最末期に、突如として弘前藩・黒石藩の藩兵が、
この藩境を越えて野辺地に侵攻してきました。

■関連記事■
青森県上北郡野辺地町 野辺地戦争関連史跡
 野辺地町内にある野辺地戦争関連史跡。
青森県弘前市 弘前城
 弘前藩津軽家の居城跡。
岩手県盛岡市 盛岡城跡
 盛岡藩南部家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。