萩市 海潮寺(長井雅楽、渡辺内蔵太墓所)

萩市には沢山の幕末の人物の墓所がありますが、
下関市と萩は高速で1時間半となかなか遠い。
そんなに頻繁には行くことが出来ません。
幸い嫁さんの実家が島根県益田市ですので、
盆正月は孫の顔を見せに帰りますので、
その道中にある萩に寄ることができます。

そういうわけで下調べをしておいて、
史跡や墓所を訪問するのですが、
今回は海潮寺に行ってみました。

海潮寺はもともと石見国温泉津にあった寺で、
毛利輝元の防長移封に伴い萩に移っています。
毛利家の庇護のもと長門及び石見国内に、
11の末寺を擁して栄えますが、
本堂は明治7年に火災で焼失。
藩校明倫館聖廟を移築して本堂としました。

その海潮寺に長井雅楽渡辺内蔵太の墓所があります。

萩市北古萩町周辺(海潮寺の場所)


海潮寺本堂」。
この本堂は藩校明倫館の聖廟であった建物。
流石に立派ですね。


大江姓 長井時庸之墓」。
長井雅楽の墓は本堂の左角(前側)にあります。
時庸」は諱で一般的に知られる「雅楽」は通称。
長井家は毛利家と同じ大江広元を祖先とする名門で、
家紋も元は「一文字三つ星」でしたが、
藩主家に配慮して「二文字三つ星」にしたという。

↑長井家家紋。

長井は「航海遠略策」を提唱して藩主に建白。
積極的に通商を行って国力を高め、
そのうえで皇威を海外に振る」というもの。
これが長州藩の藩論となるのですが、
久坂玄瑞ら攘夷過激派の朝廷工作により破綻し、
失脚して謹慎処分となり、やがて切腹を命じられます。
長井の「航海遠略策」は非常に誠に的を得た策であり、
後の明治政府が行った方針そのものであったのですが、
正論も時期を間違えれば、邪論とされてしまうもの。
攘夷過激派によって妨害されてしまった訳です。


贈正四位渡辺内蔵太 妻喜久子之墓」。
こちらも本堂の左角(後側)あたりにあります。
長井は開国派でしたが渡辺は攘夷派でした。
高杉晋作が結成した御楯組にも参加しており、
藩論を攘夷に移行させた過激派の一員でもあります。
下関戦争講和の際には、正史の晋作の副使として、
杉孫七郎と共に四ヶ国連合艦隊と交渉しましたが、
その後の第一次長州征伐に際して、
藩内の主導権を握った俗論派によって捕えられ、
野山獄で処刑されました。
甲子殉難十一烈士として東光寺にも墓があります。

開国派と攘夷派のこの二人の墓が、
同じ海潮寺本堂左側の両角にあるのは何の因果でしょうか?

■関連記事■
萩市 東光寺
 藩主菩提寺。甲子殉難十一烈士の墓碑もあります。
萩市 長寿寺(入江九一などの墓所)
 甲子殉難十一烈士のひとり佐久間佐兵衛の墓もあります。
萩市 芳和荘&野山・岩倉獄
 甲子殉難十一列士は野山獄で処刑されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。