「幕末紅蓮隊」本宮ひろ志

本宮ひろ志の漫画は、僕個人のイメージとして、
主人公が
うおおおおおおおお!!」って叫んでるって感じ。
(ファンの方ごめんなさい)
たまたまかも知れませんが、
僕が読んだ漫画は強引に終了したものが多く、
面白かっただけに、読むんじゃなかったと後悔する。
それだけにあまり手に取らなかった漫画家の一人。

なんだか最近、出張でホテルが無く、
ネットカフェ泊まりというパターンが多く、
漫画を読む機会が増えています。
幕末モノをさがしていて、
この「幕末紅蓮隊」を手に取りました。
4巻完結というのが、時間的に手頃なんでね。


お話は架空(?)の侠客安馬の十蔵が、
幕末期に活躍した実在の侠客と絡みながら、
伝説的な侠客にのし上がっていくという話。
清水次郎長黒駒の勝蔵
会津虎鉄日柳燕石などが登場し、
また、坂本龍馬桂小五郎西郷隆盛も登場します。

七万人の子分をもち、その葬儀には十万人もの博徒が
参列したといわれる伝説のヤクザ
」と紹介しているので、
てっきり実在の人物かと思いましたが、
調べてみると架空の人物だったみたいです。

本宮ひろ志の他作品と同様に、主人公は破天荒な男で、
行く先々で大物ヤクザと知り合ったり、
抗争したりしながら勢力を拡大していくのですが、
なかなか上手く史実とフィクションを重ね合わせます。
最終的に主人公が超大物になるのは本宮作品らしいのですが、
ハチャメチャながら、読者は実話ではないかと錯覚してしまう。
ある意味危険で、ネットの何件かのブログでは、
安馬の十蔵が実在の人物と紹介されていました。

僕が読んだ数少ない本宮漫画のひとつ「夢幻の如く」は、
本能寺の変で生き残った信長が、
世界征服までしてしまうのですが、
全くあり得ない話ながらとっても面白い作品でした。
男らしく破天荒な主人公が、敵をやっつけていく訳ですが、
どんどん勢力を拡大していく様子は痛快で、
最終的に頂点に立てるのに、あえてリタイヤしてしまう。
その部分は本宮作品の真骨頂が、
「幕末紅蓮隊」でも発揮されていたと思います。

尊皇攘夷が吹き荒れる中、自分には関わりないと言う。
あえてそういうイロモノと決別させることで、
主人公が一段と男らしく見える。
作者としても尊皇攘夷をからめればネタが広がるでしょうに、
主人公の性格を重んじてか、豪快にそっぽを向かせます。
こういう姿勢が男臭いキャラを産むコツかもしれませんし、
打ち切りになる危うさかもしれません。

とりあえずめでたく完結したので、良かったなと・・・。
漫画としてもとても面白い作品でしたね。

■関連記事■
東京都荒川区 南千住小塚原回向院
 小塚原回向院には志士の墓碑の他に侠客の墓碑も・・。
「新門辰五郎伝」早乙女貢
 火消しの親分は慶喜に仕えています。
「ばくだん!~幕末男子~」加瀬あつし
 幕末版カメレオン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。