「ばくだん!~幕末男子~」加瀬あつし

高校生の頃、「カメレオン」というヤンキー漫画があった。
チンチクリンでヘタレな主人公が、高校でヤンキーデビューし、
強運とハッタリでピンチを切り抜けると共に、
勝手に伝説が作られカリスマヤンキーとなっていく話。

主人公のヤザワは、ゲスでスケベでヘタレなのですが、
名のある不良らと対立しながらも、
強運とハッタリでケンカにならずに相手が屈服してしまう。
単純にギャグ漫画として面白い作品でした。


さて、この「ばくだん!~幕末男子~」は、
その「カメレオン」の作者加瀬あつしが描いた、
幕末ギャグ漫画です。
まあよくあるタイムスリップモノで、
ゲスでスケベでヘタレの安達真琴が、
京都に修学旅行中、護国神社で拾った不思議なお札により、
幕末の京都にタイムスリップするというもの。

そこで、ひょんなことから近藤勇を助ける事になり、
近藤に気に入られて新撰組に入隊することになります。
「カメレオン」のヤザワと同じくゲスでスケベでヘタレで、
しかも現代人なので剣なんて使えませんが、
強運とハッタリでなぜか切り抜けられてしまう。

新撰組の豪傑らはもちろんの事、敵方である岡田以蔵も、
強運のみで心服させてしまう・・。
まさに幕末版「カメレオン」です。

「カメレオン」もそうでしたが、
この「ばくだん!~幕末男子~」も相当下品
下ネタもガンガン出てきますし、
もちろん史実に忠実なではなく滅茶苦茶です。
あたりまえですがギャグ漫画ですので、
歴史上の人物がかなりイジられていますし、
ほとんどの登場人物はヤンキーそのものです。

その中でも土方歳三は悲惨です。
作品中でも描かれていますが、土方歳三は幕末の人物人気No.1
その土方を大五郎カットにしてしまうのは、この作品しかないでしょう。

ヒドイですね・・・・。


基本的には男前に描かれていますが・・・。

高校生の頃笑ったギャグ漫画を、幕末版で読めるという事で、
懐かしさを感じると共に十分に笑わせてもらいました。

ただ残念なことに「カメレオン」のヤザワは最後までゲスでしたが、
この主人公は、回を重ねるごとに正義感を持つようなります。

作者自身も「幕末版カメレオン」とうたっているわけで、
最後の最後までゲスでヘタレでいてほしかったなぁ。

■関連記事■
「ちるらん」を読んだら晋作がGODだった・・・
 これは違う意味で滅茶苦茶です。
「幕末紅蓮隊」本宮ひろ志
 本宮ひろ志の幕末任侠モノ。
「赤い鳩 アピル」小池和夫×池上遼一
 もはやパラレルワールドですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。