「赤い鳩 アピル」小池和夫×池上遼一

地方のビジネスホテルに泊まると、
漫画を置いている場合があります。
そこのオーナーか従業員のチョイスなんだろうけど、
たまに本棚に並ぶ漫画を除いてみて、
幕末モノだったりするとつい全巻読んじゃって、
寝不足で現場に行っちゃうってパターンも・・・。
(もちろん安全には十二分に気を付けています)


で、今回読んだのが「赤い鳩 アピル」。
前に新撰組漫画を調べた時(記事はこちら)、
変な名前だったので憶えてまして、
6巻まで読んでしまいました。

・・・で、びっくり!これ、新撰組漫画って言っていいの?
出だしこそ池田屋事件から始まるのですが、
そこからいきなり「日ユ同祖論」が展開され始め、
新撰組を脱出し、日本人とユダヤ人が同じ祖先だという証拠を、
謎の宣教師と共に探しに行くという話。

かなりむちゃくちゃです。
土方沖田の病気を池田屋事件の頃に感づいており、
死にゆく沖田に生きがいを与えるため、
主人公に日ユ同祖論の証拠を探させます(おいおい)。

で、史実に添おうなんて毛頭考えていないだろう展開。
岡田以蔵は殺しちゃうわ、河上彦斎は殺しちゃうわ、
禁門の変直後に沖田は死んじゃうわ、
松平容保は腕を斬られるわ、パラレルワールド化しています。

謎の宣教師はどう見ても女なんですが、
髭が生えていて最後まで男として書かれる。
絶対に裸にならなかったり、胸がある描写を入れたり、
女だったという展開にするつもりだったのでしょうが、
強引に途中で終わっちゃいます。
あとで調べたら宗教団体右翼から抗議があって、
打ち切りになったようです。
そりゃそうだろうなぁ・・・。

池上遼一の漫画って、とんでもない方向に行くんですよね。
原作者が違うのに、僕が読んだ作品すべてがそんな感じ。
覇-LORD-」なんて劉備玄徳が日本人ですからねぇ。

■関連記事■
「ばくだん!~幕末男子~」加瀬あつし
 幕末版カメレオン。
「ちるらん」を読んだら晋作がGODだった・・・
 これは違う意味で滅茶苦茶です。
「幕末紅蓮隊」本宮ひろ志
 本宮ひろ志の幕末任侠モノ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。