表高と実高

長州藩36万石の石高ながら、
幕末期になぜあれほどの資金力があったのか?

まあ、色々と説はありますが、よく言われるのは、
1)表高と実高が大きく違っていた。
2)村田清風の改革により、膨大な資金力を得た。

どちらも正解でしょう。
特に表高に関していえば、厳封された時からのもので、
西軍の総大将が東軍の功績のあった大名より石高が高いと、
釣り合いが取れないので、実高の7割を表高としたようです。
この時点で表高36万9411石で、
実際の石高は53万9268石

この表高は、長州藩以外でも当初確定したものが、
幕末までそのまま使われているのがほとんど。
各藩で新田開発を行い、実高を伸ばしているのですが、
表高が変わることはほとんどありませんでした。

表高が上がればその大名の幕府への負担も変わりますが、
格式も上がっちゃうので少々ややこしくなるので、
そのままでいこうってのが幕府側の理由でしょう。

ま、そういうわけで、各藩が表高より収入が多かったのですが、
収入が多くても支出が多ければ、その藩は潤わないわけです。
不作物価高騰天災藩主の散財など、
そんなに裕福な藩は多くなかったようですね。

長州や薩摩の資金力は、石高よりも貿易などによるものでしたが、
それはさておき、薩長土肥の表高と実高を見てみましょう。

薩摩藩 表729,567石 実867,027石(籾など含む)
長州藩 表369,411石 実988,004石
土佐藩 表242,000石 実495,486石
肥前藩 表357,036石 実724,739石

長州藩は、ほぼ100万石ですね。薩摩よりも多い・・・。
薩摩の数値は籾高(籾の石高)を含む数値ですし、
天保の改革時より取り入れられた新しい米貯蔵法により、
良質のまま長く保存できたために、
長州米は高値で取引されていたようです。

このように表高と比べ実高が高いというのは、
薩長土肥意外にも多くの藩である事例ですが、
表高より実高が低い藩も多くありました。

その多くは小藩で、災害での水田の減少農民の離散などで、
石高が減少し、資金不足からその対策が出来なかった例。

しかし大藩でも表高より実高の方が低い例がありました。
水戸藩 表350,000石 実306,953石
紀伊藩 表555,000石 実539,469石 

なんと、御三家が実高が表高より低い!
紀伊藩は1.5万石程度の差ですが、
水戸藩は4.5万石位の差があります。
水戸藩の場合、江戸初期での検地で28万石だったのですが、
他の御三家に比べてあまりにも石高が低かったので、
水増しして幕府に提出していたようです。
これにより、慢性的な財政難となっていたようですが、
もしかしたら水戸藩士達は、その不満を幕府に向けてたのか?
もちろん水戸学の影響がほとんどでしょうけとね・・。

■関連記事■
幕末長州藩と現在の株式会社
 長州藩の体質は、他藩とは異なっていました。
毛利敬親
 偉大なるそうせい候。
長州藩家臣団の軍隊
 長州藩はもちろん諸隊だけで成り立っていた訳ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。