幕末長州藩と現在の株式会社

四賢候松平春嶽伊達宗城山内容堂島津斉彬
水戸の烈候徳川斉昭、肥前の妖怪鍋島関叟など、
幕末の強烈なリーダー藩主はたくさんいますが、
最終的な明治維新の原動力になったのは、
そういうカリスマ藩主の居なかった長州や、
カリスマ藩主の死んでしまった薩摩でした。

現代の会社経営においても、
強烈なリーダーシップを発揮するカリスマ社長の会社は、
急激に成長しますが、頭打ちするところが多い。
強烈なリーダーシップは、図らずも社員の力を削ぎ、
下の者が上手に動けない状況が生まれやすい。

盛者必衰とも感じられますが、
昔のあるTV番組に出演していたカリスマ社長達は、
その8割が破綻しているようです。
破綻した要因は多種多様だとは思いますが、
逆境の際にカリスマ一人で踏ん張りきれなくなったのが、
主な原因でしょう。

日本初のカンパニーである亀山社中(海援隊)も、
カリスマである坂本龍馬の死後に消滅しています。

藩の運営は藩主がリーダーシップを取ることもありますが、
やはり家老や家老に相当する人物が藩を運営することが多く、
当時の身分制度では門閥一部の上士がそれを担っていました。
なので必然的に人材は限られてくるわけです。

幕末の長州藩が右往左往しながらも、
最終的に勝者となりえたのには、
そういう体質であった他藩とは、
一線を画す仕組みが成り立っていたからでした。

実は長州藩という藩は現代の株式会社と近い体質で、
それが乱世に非常に有効な仕組みがうまく作用したのです。

藩のトップは藩主ですが、会社のトップは社長です。
幕末長州藩の藩主は毛利敬親で、会社でいえば社長で、
先に書いたような強烈なリーダーシップを、
自ら発揮するような人物ではありません。

次席として一門家老がいるわけなのですが、
これは会社でいえば取締役でしょう。
長州藩も一門八家と呼ばれる一門家老家がありました。
他藩であればこれら一門家老が、絶大な権力を持つのですが、
長州藩ではそれほどではありません。
※もちろん権威はあります。
そういう意味でいえば、取締役よりは相談役顧問に近い。

実際の運営は政務座役などと呼ばれる中老が行いますが、
これは会社でいえば部長本部長ということになりますが、
長州藩が非常に特殊であったのは、この政務座役には、
ある程度低い身分の藩士でも就任できたことです。
能力が認められれば、中士クラスでも政務座役に抜適され、
下士も能力次第で中士に昇格したりします。
つまり会社でいえば「叩き上げの部長」になれるわけです。

また長州藩では、能力ある者、志のある者、学識ある者などに、
どんどん役を与えて、やらせるという雰囲気があり、
またそういう連中の犯した罪や失敗に非常に寛容で、
少しの罰でもう一度チャンスを与えます。
吉田松陰高杉晋作などは、
長州藩でなければ、早い時期に死罪となってしまうでしょう。

そういう風土であるから人材が豊富にそろうわけで、
禁門の変俗論党による粛清という、
他の藩であれば壊滅レベル人材喪失を経験しても、
十分に立ち直れるわけです。

そういう雰囲気の長州藩において、
そうせい候」と呼ばれた毛利敬親が藩主になった事により、
長州藩の独自性が最大限に発揮できたのでしょう。

幕末の長州藩というのは、現在の組織運営を考えるうえで、
とても良いモデルケースといえるのではないでしょうか?

■関連記事■
毛利敬親
 偉大なるそうせい候。
山口県山口市 山口政事堂跡
 幕末長州藩の藩庁。
表高と実高
 強い藩は経済力がその根本にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。