長州風呂

じめじめした季節ですねぇ。
こういう時はお風呂でさっぱりしたいもの。

日本古来のお風呂の様式のひとつとして、
五右衛門風呂というのがありますが、
これは底が鉄製の風呂桶の下でマキを焚いて、
底板を沈めて入るものでした。
江戸時代には既に庶民の間でも普及していたようで、
浮世絵などにも描かれていたり、
東海道中膝栗毛」にも登場しています。
江戸っ子は、毎日朝夕銭湯に通っていたとか・・。

この五右衛門風呂ですが、正確には2種類あり、
湯船の縁が木桶で底のみ鉄のものを五右衛門風呂と呼び、
湯船が全て鉄製のモノを長州風呂と呼ぶらしい。

はて?長年長州に住んでいますが、
そのようなものにお目に掛かった記憶は無い。
・・で、調べてみると、
どうやら長州風呂という名が付いているけれと、
広島で主に造られていたようです。

古来、風呂というものは蒸風呂がメインで、
湯に浸かるスタイルは江戸時代とされますが、
正確な事はわかっていないらしい。
いつの頃か昔からある行水と蒸風呂が融合して、
湯浴みをするようになったようです。

・・で、湯浴みが一般化されるようになって、
東日本で木桶、西日本で鉄桶が使用されたそうで、
この五右衛門風呂、長州風呂という名称が、
いつ頃から使用されていたのかは諸説あるようです。
五右衛門風呂の五右衛門というのは、
知られているように石川五右衛門の釜茹からですが、
長州風呂に関しては、よくわからない。

実は鉄の湯船が最初に造られたのは周防国らしい。
重源という偉い坊さんが、奈良の大仏殿再建の為に、
周防で材木の伐採を指揮した際、
伐採従事者や関係者への湯施行施設を整備して、
鉄の湯船を作らせた事が始めという。
それが由来ならば、防州風呂じゃないかな?と思う。

周防は昔、鋳造が盛んだったようですが、
それが年月を経て芸州が鋳造の本場となっていきます。
・・ということで、長州風呂と呼ばれる鉄の湯船は、
主に安芸で造られたらしい。

つまり芸州風呂って事になる訳ですが、
一説によると維新後に芸州風呂として売り出しますが、
あまり売れないので、飛ぶ鳥を落とす勢いの長州にあやかり、
長州風呂と名前を変えて売り出したら、
大変売れたのでそう呼ばれるようになったとか。

その説が正しいならば、江戸時代はなんて呼ばれてたの?
さらに謎が深まります。

判ったことは結局のところ、
長州風呂と長州はあまり関係がなかった事だけでした。

■関連記事■
クリスマスイブですが・・・
 幕末のメリークリスマス。
幕末の人物を姓名判断してみると?
 当たってる気がしないでもない。
御器かぶり・・・・・
 僕が唯一「怖い」と思うもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。