半沢直樹の最終回

八重の桜の時間は、僕のテレビの時間ですが、
その後は嫁さんのテレビの時間になります。

嫁さんは「半沢直樹」を見てますが、
僕も話題になっているということもあり、
便乗して先々週あたりから見てました。
上司に「倍返し」するとか、サラリーマンからしたら痛快なドラマでした。
・・・が、ラストは最悪・・・。
賛否両論あると思いますが、僕はです。

やれやれまたか・・。と、思いました。

物語って、必ず見るものに何らかの教訓を与えるものですよね。
このドラマの教訓って??
「出る杭はいつか必ず打たれる」
「上に逆らうと最後はこうなる」
・・って事?

今、現実では不況から日本経済を好転させるため為、
皆が頑張ろうとする時期じゃないですか?
皆が皆、あのドラマは働く人の応援歌だと思って見てたはず。
あのドラマで頑張ろうと思えた人もいたはず。
それがあの結末・・・。
視聴率の高さからどれだけ社会に与える影響があるのか、
TV局はわかってるのかな?これだから日本のドラマはダメになったんでしょうね。

衝撃のラストって衝撃でもなんでもない。
予想できる最低の結末を選んだだけですね。
頭取に呼ばれて、部長昇進じゃないかと視聴者に思わせる感じにして、
半沢は廊下を歩いて行きますが、そのシーンの時、嫁さんと話してました。
「出向させられるんじゃないの?」
「まさか今更そんな安っぽいどんでん返ししないやろ?」
「あれ??」
「・・・後味悪~」
・・って感じでしたね。

フランス映画気取ってるのでしょうかね?
続編への期待を持たせるためでしょうかね?
続編って最低でも半年先でしょ?
見ていただいたサラリーマンの皆様に半年も変な教訓抱かせるの?
アホくさい・・。

続編に期待を持たせる為だとか、ツァイガルニク効果だとか、
コラムニストやメンタリストがしたり顔で言ってますが、
視聴率にばかりとらわれた商売的なことばっかり。

100歩譲って出向させられるラストでもいいと思います。
けどね。頭取に出向命じられて睨んで終わり。
じゃなくて、せっかく流行語になりそうな決め台詞あるんだから、
「出向いたします。けれど覚えていてください。やられたらやり返す。倍返しだ!」
で、締めくくれば、なんぼかマシでしょうね。

・・幕末に全く関係ないお話ですが、どうしても嫌な気分になったので・・。

■関連記事■
表現と制約
  愛知トリエンナーレの問題について 。
歴史を学ぶという意義
 歴史の勉強の意義についての私見。
また子供の虐待死がありましたね
 何度も起こる忌まわしい子供の虐待についての私見。
体罰について
 体罰についての私見。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。