表現と制約

ジャンルは違いますが、
僕もartisticな活動をしていた経験から、
愛知トリエンナーレの問題を取り上げてみます。

まず始めに申し上げておきますが、
例の中止されている展覧会については、
現段階で再開するべきでないと思っています。
※もちろん内容の変更があれば、その限りではない。

要は「表現と公共」の争いなんですよね。
表現の自由」を大義名分に掲げて、
色々言われる方がおられますが、
だからと言ってなんでもやって良いわけではありません。
極端な話「これは怒りの表現でアートだ!」と言って、
人を殺して良いかって云えば、もちろんダメです。

上記は極端な例ですが、普通に制約があるわけで、
断りも無しに一般人の顔や声を使ってもアウトですし、
人を肉体的に、精神的に傷つけるようなものもアウト。
これは法的でもありますが倫理的なものです。

検閲だという意見でいえば、検閲はしてはいけないと思う。
ただ、何が検閲か?以下が検閲の定義です。

行政が主体となって、思想内容等の表現物を対象とし、
その全部又は一部の発表の禁止を目的として、
対象とされる一定の表現物につき網羅的一般的に、
発表前にその内容を精査した上、
不適当と認められるものの発表を禁止すること。


今回の事例は、検閲には当たりませんね。

簡単な事なんです。
展示作品に明らかに人を傷つけるような表現があった。
だから抗議した。それを受けて中止した。
ここまでは至極全うな流れです。

そこからが意味不明な展開に移行してしまったのですが、
その明らかに人を傷つけるような表現の作品を、
どうにかしなければならなかった。

どうにかする方法も多々ありますね。
作品に手を加えて、
明らかに人を傷つけるような表現を失くすか、
それが無理ならその作品自体を展示しないとか。

これはアーティストの「やり過ぎ」に尽きるわけで、
税金を使った公共の場での展示会において、
不適切な表現が使用されて抗議を受けた。

作者はその事に気が付かずに、純粋に作品を制作したのなら、
ああ、それは気が付かなかった」と素直に反省し、
作品の修正とその事についての謝罪をすれば良いだけ。
修正できないなら、その作品自体を引っ込めるべきです。
音楽の世界では、歌詞音源を変更するとか、
結構あることですよね。
なんで他のアートではそれが出来ない??

頑固に修正を拒否しますが、
それは芸術家を気取ってるだけ。
※まあ芸術家なんですが・・・。
誰も傷つけない表現というものは無い」と居直り、
取り巻きに守られて粋がっている。

音楽にはメジャーインディーズとありますが、
その制約の差はやはりメジャーの方が格段に多く、
メジャーのアーティストはその制約の中で、
いかに自分の音楽を表現するか悩むわけですが、
インディーズの自主製作では制約は緩く、
好きなものを好きなように表現して、
聞いてくれる人のみに、聞いてもらえれば良い。

愛知のそれについても、メジャーといえるでしょうから、
それ相応の制約があってしかり。
他のアーティストが制約ギリギリで表現してる中、
一部のやり過ぎた参加者の為に、発表の機会を失っている。
そういう人の方が可哀想です。

今回の事で「表現の自由」が死んだりなんかしません。
むしろ良くなるのではないでしょうか?
制約が無い表現なんて、それこそ芸術的価値は無い。
このことがわかってこそ、本当の芸術家だと思いますね。

※今回の件は、イデオロギー絡みの話もありますが、
記事は「表現と制約」に関してのみに絞って触れています。


追記:2019/10/09
あまりにも表現の自由が守られたと騒いでるので追記。
その「表現の自由」はそこまで厳守する必要あるの?
まず前提として倫理観というものがあって、
そのうえで「表現の自由」が求められるものでは?

少し下品になりますが、
昔のTVではおっぱいが普通に出てた。
ドリフ等の子供の見る番組にも普通に出てましたが、
現在は自主規制でそういうものはNGとなっています。
これはコンプライアンスによって、
TV局が自主規制しているもので、
仮に現在の番組でおっぱいを出したって、
法に触れるわけではない。
※もちろん色々なところから相当叩かれますが・・。
子供も見てるから良く無いよね」という倫理観から、
おっぱいを出すのは止めようという事になったわけです。

これについて大反対する人は居なかった。
制作側もそれほどおっぱいにこだわりがあるわけでもなく、
まあ仕方ないよね」程度。
出してる方も脱がないで良いならその方が良いし、
視聴者も高らかに「おっぱいが見たい」と言わない。
スムーズにおっぱいの自主規制が完了致しました。

ではアートの場合は、何故こう上手に出来ないのでしょう?
主催者側は「その表現」にこだわりがあるのか無いのか?
作家も「その表現」にこだわる必要があるのか?
この辺でこじれてくるわけですね。

「表現の自由」は守られるべき!
このなんだかよくわからない呪縛に囚われ、
主催者も作家も観客も、
お題目のように唱えておりますが、
他人に損害を与える場合はその限りではない
ということは、反論できない事であろうと思います。
それでも「表現の自由」を制限されることに対し、
死ぬほど恐れているのはどうしてでしょう?
一度ダメになったら、あれもダメこれもダメになる
と思っているからです。
今回がダメになれば、
次はもっと厳しくなるかもしれないから、
だからどうしてもそれを死守しなければならない。
これが大学教授評論家らが、危惧している事でしょう。

ただね。
ならば「何でもOKなの?」って議論は誰もしない。
彼らはその議論から逃げてるのでしょう。
もうこれは一般常識の話です。
これはOK!で、これはダメ!
何故それが言えないのか?
常識の範囲内ではないですか?
おっぱいはダメなら、次は足を出してもダメ、
今度は肩や背中もダメ、ゆくゆくは顔出しもNG!
挙句の果ては、女性はTVに出ちゃダメ!
↑こうなりますか??ならないと思うな~。

最後に皆様。
アートにどれだけ造詣がありますか?
そもそもアートって何ですか?
紙をくしゃくしゃに丸めて「これはアートだ!」と、
作家が言い張ったら、
それはアートになるのが現代アートです。

その「くしゃくしゃの紙」を見て、
わかったふりをして「ほ~すばらしいですね」と、
わからないのに言うのはもう止めましょう。
それはただの「くしゃくしゃの紙」です。

なに?このゴミは?」と普通に言えない世の中。
裸の王様に対して「王様は裸だ!」と言えないのが、
本当の「表現の不自由」なのではないでしょうか?

■関連記事■
体罰について
 日本は子供に体罰を与える習慣は無かった!
相次ぐ幼児虐待について
 幼児虐待がこの世で一番重い罪だと思う。
歴史を学ぶという意義
 歴史の勉強の意義についての私見。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。