山口県岩国市 岩国護国神社

戊辰戦争での岩国領戦死者22名を祀るため、
領主吉川経幹関所山招魂場を建立。
これが岩国護国神社となっています。

後に脱退騒動の鎮圧で戦死した藩士5名も合祀。
招魂場の運営は岩国藩が行っていましたが、
廃藩置県によって吉川家の庇護から離れ、
関所山招魂場は山口県庁の管理となり、
関所山官祭招魂社と改称されました。
以降、日清日露などの各事変の戦没者が祀られ、
岩国護国神社と改称して現在に至ります。


岩国市市街(岩国護国神社の場所)


岩国護国神社」。
錦川が二手に分かれる位置の北側。
関所山と呼ばれた小高い丘の上にあります。
名前から察するに関所があったのでしょう。


境内で目を引くのがこの神馬
今にも動き出しそうでカッコいいですね。

招魂場は社殿の後方にあることが多いのですが、
全く見当たらない・・あれれ?おかしいな?
と思って本殿をよく見ると・・・。


本殿を囲んでいたのは玉垣ではなく招魂墓
本殿前方を除いた三方を、
招魂墓がコの字で囲んでいます。
こちらは本殿左手側。


本殿の後ろ。


本殿右側。
28柱の墓碑が建てられています。
戊辰戦争での岩国領戦死者は22名で、
諸藩脱退騒動の鎮圧側の戦死者は5名。
1柱多いのは戦病死した人でしょう。

■関連記事■
宇部市 船木護国神社
 船木宰判によって建立された招魂社。
下松市 下松護国神社
 都濃宰判によって建立された招魂社。
招魂場について
 招魂場、招魂社についての正しい知識。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。