招魂場について

暑くなりましたねぇ。
今年の夏も戦争モノの映画とかドラマとかやるんだろうなぁ。
もはや夏の風物詩で年末に忠臣蔵やるようなもんですね。
※最近は忠臣蔵は殆どやりませんが・・

ついでに靖国神社A級戦犯がどうのこうの言い出して、
最近ではそれが派生して護国神社招魂社云々言い出す始末。
挙句に靖国神社は長州藩の守り神だったとか、
全国の護国神社は長州の息が掛かっているとか、
もうめちゃくちゃです。

政治がらみ戦争批判がらみで、長州藩が色々といわれるのは、
現総理が山口県人(2017現在)だからでしょう。
そう考えたら鹿児島県人が総理大臣になったら、
どんな言われ方するのか見てみたい気もします。
鹿児島県の国会議員頑張れ~!

それはさておき、靖国神社は招魂社でして、
その招魂社は高杉晋作が発案した桜山招魂場がはじまり。

元々、人が一人亡くなれば、その子供や妻、
子孫などが供養する
のが普通なのですが、
身寄りの無い者や天涯孤独の者は、誰も供養してくれません。
奇兵隊士らは次男坊三男坊他藩からの脱藩人も多く、
仮に死んでも供養してくれる人がいませんでした。

そこで晋作は藩の為、国の為に死んでいった隊士達を、
みんなで永代的に供養しようじゃないかと思いつき、
奇兵隊の訓練場であった桜山に招魂場を造ったわけです。
それを聞いた三条実美の意見によって社殿が建てられ、
墓碑+社殿という招魂社の形が出来上がります。

戦死した兵士を皆で永代的に弔おうという精神に賛同し、
他の諸隊地域領主が桜山招魂場に習い、
招魂場を各自で設置し藩内に多くの招魂場が出来ました。
招魂場は藩政府の方針ではなく、
各隊各所の独自政策だったわけです。

維新後、国事に殉じた志士や兵を、
国が供養しようじゃないかという事が長州側から発案され、
京都東山霊明社(現霊山護国神社)や、
東京招魂社(現靖国神社)が出来ます。

また、明治以降各地に創建された招魂社(護国神社)も、
国の政策ではなく領主有力者によって造られたのもの。
家臣や領民の殉難者を永代的に祀ろうというもので、
靖国神社とは本社分社の関係はなく独立した神社でした。
その後、廃藩置県により保護者が国へと変わった為、
各招魂社の統一化が図られたという経緯があります。

各地の護国神社に合祀された祭神に、
吉田松陰やその他長州人の柱は入っていません。
長州の息が掛かっているのだとすれば、
当然入っているはずですよね。
こんなデマは調べればすぐにわかるんです。

長州の守り神だなんてお門違いな説ですし、
国に殉じた人を皆で祀るという行為は、
とても崇高なものだと思います。
とにかく運動家ってのは歴史を政治に利用しがちで、
勉強していない人がほとんど。というかバカばっか。
色々な政治活動をするのはかまいませんが、
嘘や勘違いを垂れ流して、
歴史を湾曲するのだけはやめてほしいですね。

■関連記事■
宮城県仙台市 三瀧山不動院(仙台四郎の寺)
 実在の人が神になる。日本人の感覚。
宮崎県日南市 五百祀神社と招魂社
 西郷軍として戦った者達(つまり賊軍)を招魂しています。
福岡県久留米市 山川招魂社
 野戦病院があった関係から多くの戦病死者が招魂されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。