宮城県仙台市 三瀧山不動院(仙台四郎の寺)

日本は神の国です。
日本の「」というのは、欧米でいうGODではなく、
SpiritElementalに近いもので、
いわゆる唯一神ではない。
日本には八百万の神がいると云われるなど、
まさに神の国なわけです。
自然界全てに神が宿り、山や川、海や空などに限らず、
台所にも居間にも、トイレにも神はいますが、
これらは、キリスト教イスラム教等のとは違いますし、
ギリシャ神話の神々とも少し違う。
仏教が入った際も、信仰対象は「」と区別され、
戦国時代にキリスト教が伝来した際も神とは訳されず、
デウスとそのまま呼ばれています。

現在、GODは神と訳されていますが、
上記のように完全な誤訳で、
それが為に、森喜朗元総理の「神の国発言」など、
当たり前の事が問題となりました。
その原因は明治期のキリスト教解禁の際、
布教に中国語版の書が使われてしまった為で、
ここにGODは神と訳されていたからです。

また人間も「神」になります。
もちろんGODではありませんが、
歴史上の人物を神として祀る神社は多い。
天神として祀られる天満宮菅原道真が知られますが、
実は教科書に載っている殆どの歴史上の人物が、
何らかのカタチで神格化されていたりします。

もちろん幕末の人物もしかりで、
招魂社に合祀されて神格化した志士兵士達以外にも、
単独に主祭神として祀られているのを羅列するだけでも、
相当の数にのぼります。

そればかりか現在も、漫画の神様、ギターの神様、
の女神など、どんどんどんどん増え続けています。
まさに神の国であるわけですね。

仙台へ行った際、
商売の神として有名な仙台四郎の寺に寄ってみました。

三瀧山不動院」。
神社ではなく真言宗のお寺。
本尊は三瀧山不動尊(大日大聖不動明王)ですが、
仙台四郎安置の寺として紹介されています。

仙台四郎は安政元年生まれの、一応は幕末の人物。
鉄砲鍛冶の芳賀家の四男として生まれ、
知的障害があったという。

気ままに市中を歩き回り、愛嬌があって誰からも好かれ、
ふらふらと店に入ってきて無銭飲食しますが、
不思議と四郎の立ち寄った店は繁盛すると評判になり、
福の神」として色々な店で無料でもてなされたようです。
※あとで家人が代金を支払いにきていたらしい。
この四郎の写真が「福の神」として売られるようになり、
多くの店で四郎の写真が飾られるようになります。

まさに神の国らしい神の誕生といったところでしょう。

■関連記事■
山口市 木戸神社
 木戸孝允を祀る神社。
下関市長府 乃木神社
 乃木希典を祀る神社。
下関市綾羅木 中山神社
 中山忠光を祀る神社。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。