下関市綾羅木 中山神社


会社での初詣は、最寄の神社である中山神社です。

中山神社の御祭神は中山忠光で、長府藩の保守派によって殺された忠光は、
豊北町田耕に埋葬されていましたが、幕府が広島で検死を行うということで、
夜中に掘り返してこっそり運んでいるうちに夜が明けてしまった為、
人目に付くことを恐れてこの綾羅木に埋葬されたという。


境内は当時の防風林の松林が当時のまま(?)残っています。


忠光の墓は、本殿の向かって右側の丘にあります。



藤原忠光と書かれています。彼は明治天皇の叔父でもあります。
長府藩主であった毛利元敏は、宮中御歌所寄人となって、
明治天皇に気に入られながらも子爵どまりだったのは、
長府藩士が忠光を殺したからだとも云われます。

また、この神社の境内には愛新覚羅社が建てられています。
愛新覚羅(あいしんかくら)とは清の皇帝の苗字。
ラストエンペラー愛新覚羅溥儀(ふぎ)の弟愛新覚羅溥傑(ふけつ)と、
その妻を祀られています。
実は溥傑の妻の(ひろ)は、中山忠光のひ孫なんですね。
浩の遺言によりここに分骨されています。


普通の神社は東か南を向いていますが、愛新覚羅社は西側を向いています。
満州のある方向を向いているんですね。

今年は嫁さんの実家で初詣して、下関で初詣して、会社で初詣して・・・。
日本人というのは、初詣を何度も行くんだなぁ~と感じましたね。
とはいえ、八幡様、益田様、住吉様、中山様、愛新覚羅様と、
神社にお参りといっても神様は全部違いますね。

元首相の発言のように「日本は神の国」というのは間違いではないと思います。
日本には「八百万の神」がいると云われますが、
便所から台所から森羅万象全てのものに神が宿ります。
ただ、欧米の「神様」や中国の「」とは、趣旨が違ってますので、
誤解を受けることがありますが、「八百万の神」は「GOD」ではなく、
SPIRIT」に近いものです。
日本人も欧米人も死者に祈りますが、日本人が死者そのものに祈るのに対して、
欧米人は死者が天国に行くように神に対して祈ります。
欧米では神は「唯一」ですが、日本では全てが「神」となりえるのですね。
中山忠光をキリストのように崇めている者は、日本人の誰一人としていないでしょう。
ただ、中山忠光に限らず、死者の魂を「SPIRIT」として敬うことのできる優しさが、
日本人にはあるのでしょうね。

■関連記事■
中山忠光①
 下関に潜伏する前の忠光。
中山忠光の幽霊
 殺された忠光は亡霊となって恨みを晴らします。
下関市延行 中山忠光朝臣隠棲之地
 延行の忠光潜伏地。
下関市豊北町田耕 夜討峠
 忠光の遺体を一時埋めた場所。
下関市豊浦町北宇賀上畑 常光庵
 宇賀の忠光潜伏地。
下関市豊浦町川棚 三恵寺
 川棚の忠光潜伏地。
下関市豊浦町室津 観音院
 室津の忠光潜伏地。
下関市豊北町田耕 本宮中山神社
 忠光が殺害された現場。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。