宇部市 船木護国神社

船木は長州藩直轄地で、船木宰判が置かれていました。
山陽道の宿場町でもあり、本陣も置かれています。

ここの鳶ヶ巣山に招魂場が建てられたのですが、
これを創建するにあたって管内の村人に沙汰が下ります。
各村が日を決めて、鳶ヶ巣山の開墾をする手筈でした。
第一日目は万倉村で、ふごに鍬を担いでまじめに開墾し、
次の日は小野村で、どういう沙汰が伝えられたのか、
そろいの着物にのぼり太鼓でやってきました。
三日目は海沿いの藤曲村で、
彼らは小船を飾りつけ神輿のように担いできます。
こうなると各村も負けじと趣向を凝らし、
見物人も毎日やってきて、お祭り騒ぎとなりました。
最初の万倉村も、面子に関わると参加するようになり、
収拾が付かなくなって、全く作業ははかどりません。
結局、船木宰判は奉仕の沙汰を取りやめ、
人を雇って招魂場を完成させたそうな・・。
・・・と、なんだか楽しげな逸話の残っています。

その後、山頂では不便であると現在地に移されました。


宇部市船木周辺(船木護国神社の場所)


船木護国神社」。
船木の産土神である岡崎八幡宮から、
国道2号線を挟んで向いにあります。


社殿跡」。
ここに社殿が建っていましたが、
老築化のために取り壊されたようです。
現在は岡崎八幡宮の境内に移鎮しているらしい。
後で調べて知りました。
※現在、社殿は新しく建て直されています。


船木招魂場」。
こちらは最近整備されたのか、
コンクリートで固められて綺麗に並んでいます。
墓碑は120~130位ありますが、
ほとんどが昭和の大戦のもの。


幕末期の墓碑は、六柱だけ。
隊名は「金剛隊」「狙撃隊」「遊撃隊」とバラバラですし、
士分のものかといえば、そうでもない。
墓碑で確認出来る限りでは、船木宰判管内の出身ようですので、
船木宰判が独自で招魂場の建立を決定したのでしょうね。

船木宰判という宗藩直轄の機関が、身分の低い兵の為に、
招魂場を建立したというのは重要なポイントですね。

■関連記事■
宇部市船木 船木護国神社(再訪)
 平成30年に社殿が再建されています。
宇部市 万倉護国神社
 国司親相と戦死した国司家家臣らを祀る招魂社。
宇部市 宇部護国神社と福原家屋敷跡
 福原越後と戦死した福原家家臣らを祀る招魂社。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。