五百羅漢図展

山口県立美術館で「五百羅漢図」展をやっていましたので、観に行きました。

幕末の鬼才絵師狩野一信が描いた100幅の大作「五百羅漢図」が展示されています。
この「五百羅漢図」は、東京都港区の増上寺に秘蔵されたものだそうですが、
増上寺に行けば見れるのかどうかは知りませんが、
秘蔵というからには見れないのでしょう。

さて、この「五百羅漢図」。1幅に5人ずつ(4~6人のものもある)描かれていて、
いろんな風景が展開されています。
まあいろんなことをしていて、ヒゲ剃ってたり爪切ってたりしてる羅漢や、
お経読んだり施しをしたり空の上から地獄を眺めたりしてる羅漢。

マスクらしきものを脱いで「私だ!」って感じの羅漢や、

お腹から仏像を出すモビルスーツのような羅漢などもりだくさん。

どれも細部まで細かく描かれていて強烈なインパクトでした。
狩野一信(狩野ではないという説も・・)は、96幅まで描いて力尽きたそうですが、
そりゃこんなの描いてたら寿命縮むわな・・・。

ペリーが来航している最中、時代を憂いてこのような大作を描いた作家がいたんですね。
見る価値ありますよ。

■関連記事■
下関市新地町 小田海僊宅址
 南画家小田海僊の旧宅 。
下関市長府 覚苑寺
 近代日本画の父狩野芳崖の銅像。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。