下関市長府 覚苑寺(長府藩毛利家墓所)

長府の城下町のはずれにある覚苑寺は、
長府毛利家の3つある菩提寺のひとつ。
※他は功山寺笑山寺
下関攘夷戦の際、本陣はここに置かれました。


覚苑寺山門」。
覚苑寺は長府藩3代藩主毛利綱元が、
綾羅木にあった利済寺を現在地に移し、
宇治にある黄檗宗大本山万福寺の住持悦山道宗を、
勧請開山として迎え創建した黄檗宗寺院。


狩野芳崖像」。
山門を通ると現れる狩野芳崖の銅像。
狩野芳崖は長府藩御用絵師狩野晴皐の子で、
江戸に出て勝川院雅信に学び、同門の橋本雅邦と共に、
勝川院の二神足や、勝川院の竜虎と称されました。
維新後は事業に失敗して困窮していましたが、
米国人美術史家フェノロサと出会い、
日本画に西洋絵画の要素を取り入れた新日本画を創生し、
僅かな期間で多くの名作を生みだして、
近代日本画の父となりました。
代表作は「不動明王」「非母観音」など。


野村素軒公徳碑」。
ツタが巻き付いて文字が隠れていますが、
これは元長州藩士の文部官僚野村素介の公徳碑。
彼は素軒の号で書家としても活躍しており、
杉孫七郎長三洲と共に長州三筆と称されています。
小倉戦争では小倉城落城後に参謀となり、
同じく参謀の前原一誠と共に講和談判など、
戦後処理にあたりました。
維新後は山口藩権大参事に就任し、
明治4年には、岩倉使節団に随行し欧州を視察。
帰国後は文部省大丞として出仕し、
文部大書記官元老院大書記官などを歴任しました。


長門鋳銭所跡」。
奈良時代、長府には長門国の国府がおかれ、
長門国の国司は鋳銭司の役職を兼任し、
貨幣の鋳造を行っていたことが知られていましたが、
どこで鋳造が行われていたかは不明でした。
後に周辺で度々鋳銭遺物が見つかった事から、
境内を発掘すると、数百点の鋳銭遺物が発見され、
ここが鋳銭所であったことがわかったようです。


大雄宝殿(本堂)」。
大雄宝殿は三田尻の海蔵醍醐寺の本堂だったもの。
維新後、覚苑寺は長府毛利家の庇護を失い、
本堂を含む諸堂は取り壊されますが、
明治8年に、廃寺となっていた海蔵醍醐寺から、
覚苑寺に移築されました。

覚苑寺は、攘夷戦とその後の藩庁移転で、
長府藩主毛利元周の本拠となっており、
勝山御殿が完成して藩主が移った後は、
五卿の護衛として奇兵隊が駐屯しています。

晋作は功山寺挙兵前にここに来て「一里行けば・・」と、
奇兵隊に挙兵への参加を訴えましたが、
賛同を得られずに遊撃隊と力士隊のみで、
クーデターを決行しました。


乃木希典像」。
長府は乃木大将の故郷だというのに
 銅像の一つもない・・

戦前の修学旅行生がそう話すのを聞いた住職が、
全国より募金を募り昭和14年に完成させた銅像。
戦時中の銅の供出で失われましたが、
再度の募金により、昭和33年に再建されました。


方丈(庫裏)」。
廃藩後、勝山御殿が解体される際、
御殿の玄関部分を庫裏として移築したもの。
現在は石垣しかない勝山御殿(記事はこちら)ですが、
当時はこのような建物が建っていたわけですね。


ここが御殿の建物だった事がわかる鬼瓦
一文字三星」の長府毛利の家紋が描かれています。
毛利家の家紋を使うのは恐れ多いと、
鬼瓦を変えたのでしょうね。

さて、覚苑寺の裏手の墓地には、
長府藩毛利家の3代、6代、13代 墓所があります。
13代は幕末期の藩主毛利元周

瑞泉寺殿浄活湛然大居士」。
長府藩6代藩主毛利匡広の墓。
毛利匡広は第2代清末藩の藩主でしたが、
断絶の危機にあった長府藩の藩主となります。
その為、清末藩が一時断絶となりましたが、
匡広の七男毛利政苗が清末藩を再興しました。


龍沢院殿道正瑞霖大居士」。
長府藩3代毛利綱元の墓。
綱元は元禄赤穂事件の頃の藩主です。
赤穂浪士を預かった際、罪人扱いして非難されてますが、
罪人として預かった人間を、罪人として扱った事に、
公的には全く咎はないでしょう。
倹約や文武奨励など藩政に尽くした藩主で、
この覚苑寺は彼が創建させました。


諦信院殿梅庵道機大居士」。
長府藩13代毛利元周の墓。
※隣は千賀子夫人(智鏡院)の墓。
元周は激動の幕末期長府藩の藩主で、
攘夷戦中山忠光五卿の保護、功山寺挙兵
小倉戦争と、事件が多発する地域の藩主として、
相当大変な立場だったのだろうと想像できます。

覚苑寺が攘夷戦での本陣になった理由は、
この寺が比較的内陸部にあった為でしょう。
海岸沿いにある長府陣屋では、
狙ってくれと言ってるようなものです。

解散騒動の際の奇兵隊駐屯地となった理由は、
功山寺の五卿警護の名目で駐屯してるので、
功山寺に近すぎず遠すぎずの覚苑寺が、
ベストだったのでしょうね。

■関連記事■
下関市長府 長府陣屋跡
 長府藩の藩庁。現在は豊浦高等学校となっています。
下関市井田 来福寺(攘夷戦時の藩主正室らの避難場所)
 攘夷戦時には藩主正室の避難場所として使われました。
下関市長府 櫛崎城跡
 長府藩は元々櫛崎城という城を持っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。